満足のいかないファッションは卒業! 手始めに知っておきたい「大人のカラーセンス」講座

「ネットや雑誌で見るおしゃれな人のマネをしていろいろ購入してみたけれど、同じようにならない」「店員さんに勧められて買っても、家に帰ると上手に着こなせない」「ときめかない服でクローゼットが溢れている」。そんなお悩み、抱えていませんか?

20代の頃はお肌も若々しく、好きな物を選ぶだけで十分可愛くいられました。しかし30代を過ぎた頃から、結婚・出産・子育てと自分にかける時間が減り、ファッションとの距離が離れている人も多い様子。そして自分に似合う服や見られたいイメージが決まらないまま服を選ぶと、失敗する確率を高くしてしまうことも……。

そこで今までの感覚を「大人のセンス」へと更新するため、今回は大人世代が選びたい基本のカラーについて詳しくお届けします。

ベースはモノトーン配色

誰もがハイセンスに見えると言っても過言ではない「モノトーンコーデ」! 初めから知っているし、実行している人も多いかと思いますが、よく見ると意外と徹底されていないことも……。明るい色や柄が混ざっていると、モノトーンの魔法はあっという間に解けてしまいます。
「今日”は”オシャレだね!」では残念ながらセンスがいいとは言えません。継続したおしゃれで、センスがいい人を目指しましょう♥

モデルさんは色数を厳選し、しっかりとモノトーンにコーデ。シンプルながら都会っぽさの漂うスタイリングです。

上質な自然素材で表現するナチュラルカラーもおすすめ

大人がセンスよく見えるのはモノトーンだけではありません。昨年から引き続き人気のベージュやブラウンなどの茶系色も、ナチュラルな大人の魅力を引き立ててくれる優れたカラー♥
モデルさんが着用しているようなベージュパンツも大人世代の雰囲気にピッタリですし、カゴバッグやストローハットなどの上質な自然素材で、ぬくもりや季節感をたっぷり演出するのも◎。

レディなネイビーコーデにはホワイトで抜け感を与えるのが正解

痩せて見られたい、プチプラアイテムを高見えさせたい、知的な女性に見られたい。そんな大人世代の願いをパッと叶えてくれる色が「ネイビー」♥ オールブラックでは肌がくすみ、老け見えする不安がありますが、ネイビーならむしろ女性らしく品のある着こなしに。
ネイビーと好相性のホワイトで足元に抜け感を与えれば、シンプルな中に大人の余裕が感じられる上級者スタイルも簡単です。

カーキはトレンチコートなどのスタンダードなアイテムで取り入れて

定番カラーの仲間入りをしつつあるカーキは、モノトーンと組み合わせしやすいこともあり、幅広い世代から人気♥ しかし、本来ミリタリーカラーと呼ばれるほど個性的でカジュアル感の強いカラーなので、きちんとしたシーンには残念ながら不向き。一方デイリーコーデに上手に取り入れると、格段に今っぽく仕上がります。

トレンチコートやカーディガンなど、スタンダードなアイテムで選ぶと、「カーキの個性的な雰囲気」「トレンチコートなどアイテムのシックさ」両方の要素が調和され、スタイリッシュで現代的な雰囲気を楽しめるはず。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。