今年の夏はラクしておしゃれ♡ ベストバイなトレンドアイテム7選

2019年夏のトレンドは、ゆったりダボッとしたシルエットに注目が集まっています。しかしシンプルなコーディネートゆえに、素材のもつニュアンスやデザイン力がポイントに。

そこでトレンド感もありながら、着回し力のあるこの夏イチオシのアイテムをセレクトしました。これさえあればこの夏は乗り切れる! 夏に揃えたいマストバイアイテム7選です。

1. 体のラインを出さないビッグシルエットのダボッとワンピース

ワンピース旋風が巻き起こっている今年の夏は、色もデザインも豊富です。特に今シーズンはダボッとしたシルエットで、体のラインを隠してくれる「ありがたワンピース」に大注目! 着るだけでカジュアルスタイルが決まる、ミモレ丈のものにトレンド感が漂います。

中でもAラインでふんわりフェミニンに決まる「ティアードワンピース」や、サイドやバックにスリットが入っている「スリットワンピース」が人気。Tシャツやスウェット素材、リネン素材なら見た目も涼しげです。

1枚でさらりと着るのはもちろん、ボトムをレイヤードして手抜き感を抑えても上級者感たっぷりの着こなしに。

2. ソールが厚めでゴツい、L.A.風デザインのスポーツサンダルが人気

カジュアルダウンに合わせやすく、夏におすすめなのが「スポーツサンダル」です。全体的にゆるめなシルエットが流行するので、そのボリュームに負けないゴツめのデザイン、スタッズがついたものなどパッと目を引くデザインが注目を集めています。
今年はハイブランドのほか、 BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)、adidas(アディダス)、Reebok(リーボック)などのスポーツブランドからも、ソールが厚いタイプのサンダルが続々リリース中。

3. ニュアンスのあるドロップショルダーTシャツがあれば着回しは主役級!

Tシャツの購入を検討中なら、適度な身幅があって、インでもアウトでも着られるベーシックなTシャツがおすすめです。
セレクトポイントは、ひじにかかるくらいの袖丈が長めの「ドロップショルダー」。二の腕もカバーでき、オーバーシルエット効果で1枚で主役になれちゃうのが嬉しい♡
生地も地厚めタイプが今っぽ風。色で選ぶなら、白やアースカラーがこの夏のイチオシです。

4. きれいめドロストパンツで楽チンだけどきちんとスタイル

カジュアル過ぎず、ある程度きちんと感を出したいときは、ウエストが紐タイプのドロストパンツを選んでみて。リネン素材やシワになりにくいジャージー素材を選ぶと、パンプスと合わせてもコンサバ過ぎず、通勤服にもOKなきちんと感が出せます。
スナップのようにスニーカーを合わせれば、カジュアルダウンして着回すこともできます。

5. キャップをプラスしてこなれ感を演出する

ワンピース、Tシャツ+フレアスカート、Tシャツ+デニムパンツなどのシンプルなコーディネートに抜け感を出すには小物使いがポイントです。
手軽に夏っぽさを出したいなら、キャップを組み合わせるだけでOK。スナップのようなベージュのワントーンのコーディネートに加えるのも、この夏おすすめのヘルシースタイルです。

6. 夏に映える定番カゴバッグは一つは持っていたい!

夏映えするカゴバッグは、ショルダータイプでも、ざっくりしたビッグバッグでも季節感をアピールできるので、一つは持っていたいアイテム。
今年はサークルタイプや持ち手の部分が皮になったタイプ、ショルダータイプならバケツ型のコロンとしたフォルムのものが人気を集めています。

7. ゴールドアクセサリーの重ね付けで物足りなさを払しょく

着こなしがどんどんシンプルになるにつれて、何か物足りなさを感じたら、大人っぽさ、リッチさ、女らしさをプラスするのはアクセサリーの仕事です。
夏だからこそ、大胆に大きめバングルを重ね付けしたり、定番のターコイズをスパイスに取り入れたりしましょう。トータルコーディネートの質がワンランクアップします。

The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。