「ウエストIN」って必須なの? お腹カバー力の高いトップス4選

前だけINや全部INなど、気になるお腹をカバーしつつも全体のバランスを整える「トップスIN」! しかし「インするのが面倒」「動いているうちにトップスが出てくる」「インするとお腹が余計に目立つ」など、大人世代からは「トップスIN=わずらわしい」という声もチラホラ……。

暑い夏やジメッとするこれからの時期、できるなら着るだけでバランスよく、キレイに見えるアイテムを取り入れたいのが本音。そこで今回はトップスINしなくともお腹まわりのカバー力が高く、さらにおしゃれに決まるトップスを4つご紹介します。

ねじりディテールに視線を集めて

流行のねじりディテールトップスは、一枚で着映える優秀アイテム! モデルさんはホワイトのオーバーサイズTシャツとプリーツスカートで楽ちんスタイルを爽やかに演出。チュニック&ロングのバランスが難しい組み合わせも、ねじりデザインに視線を集めて重心をアップさせると、難なく着こなせるはず♥

さらに、プリーツスカートのレディな縦ライン、素肌が見えるサンダルの抜け感、アクセサリーで作る顔回りのツヤっぽさなど、おしゃれテクニック満載のこちらの技ありスタイル。まずはねじりディテールからマネしてみてはいかがでしょうか♪

着るだけでウエスト位置が上がるペプラムの裾

ウエストがシェイプされたペプラムブラウスは、ウエストINが苦手な人にぜひ手に取ってほしいアイテム♥ タック位置が高めなので、ロングボトムを合わせるだけでも脚長効果は絶大です!
大人世代にはちょっぴり地味に感じるベージュ×ブラック配色も、クラシカルなペプラムブラウスが女性らしい装いへ導いてくれます。

ティアードチュニックとデニムパンツで休日だってしっかりオシャレ

体のラインを拾いにくいティアードデザインは体型カバー力が魅力ではありますが、重なり合うフリルが大人世代には甘過ぎることも……。そこでチュニックタイプをデニムパンツと合わせれば、カジュアル要素が強まり甘さをセーブすることが可能に。収縮効果の高いネイビーを選ぶのが、痩せ見え効果をアップさせるコツです。

シンプルなフレアチュニックで涼しく体型カバー

ストンと上半身を包み込んでくれるフレアチュニックは、お腹はもちろんお尻まわりもカバーしてくれる安心アイテム♥ ふんわり広がるシルエットで風通りが良く、夏に向けて便利な一着に。
二の腕が気になる方や冷房・紫外線対策には、カーディガンをさらっと肩掛けするのがおすすめです。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。