「可愛いカラー」は茶系色が引き立てる! 白黒で仕上げない、夏の優しげオフィススタイル4選♪

柔らかなパステルカラーやレディなレッドなど、気分を盛り上げてくれるカラーアイテム! 無難にまとまりがちなオフィスシーンにも程よく取り入れたい、なんて声もチラホラ聞こえてきます。

そこで今回は「可愛いカラー×茶系色」の黄金バランスをご紹介。ブラックだと強く、ホワイトだと爽やかになりすぎる配色も、馴染みやすさと品の良さを合わせ持つ茶系色なら、適度に締まり均等のとれた着こなしに。この夏のオフィススタイルにピッタリなお手本コーデを、早速チェックしていきましょう♪

明度を落としたグリーンをブラウン系で真面目に寄せて

こちらはベージュカーディガンとグリーンタイトスカートの上品スタイル! ブラックのような役割を果たせる濃いめのグリーンを選べば、下半身を引き締めつつも、きちんと感や知的な印象を演出。クラス感のある小物で、さらに大人にまとめて。

ピンクをシックに決めるならブラウンの出番

こちらはピンクブラウスとブラウンタイトスカートを合わせたきれいめスタイル! ベージュで品よく見せるのもいいですが、今季は濃厚なブラウンをプラスしてピンクをシックに転がすのが気分。足元やバッグにも好相性なブラウンをアレンジして、まとまりよく♪

流行イエローはベージュとのグラデーションが今どき

こちらはイエローのノースリーブブラウスとベージュパンツの大人ワンツースタイル。単色だとぼやけがちなマイルドイエローのグラデーションとしてベージュを投入すれば、奥行きが生まれリズミカルに♪

またイエロー×ブラウンなら、コーデにメリハリが出るだけでなく、ブラウン自体が華やいで見える嬉しい効果も。ルーズな上下でも手抜きに見えない配色の妙を、今すぐにでもマネしてみて。

彩度を落としたレッドにベージュで程よい深みを与えて

こちらはレッドのアンサンブルとベージュフレアスカートのきれいめスタイル。ちょっぴり派手さを感じるレッドですが、彩度が低く鮮やかすぎないトーンならオフィスにも最適。さらに乾いたサンドベージュがコーデに馴染みながらも深みを与え、それぞれの良さを絶妙に引き立ててくれます♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。