UV&冷房対策に必須! 着痩せも叶うロングカーディガンスタイル4選

夏の暑い時期でも、薄手のカーディガンが一枚あるとなにかと便利! 中でもロング丈なら着るだけでトレンド感が出るのはもちろん、日焼けの防止や冷房対策にも貢献します。
そこで今回はロングカーディガンの選び方や着こなし方を4つご紹介。特に意外と悩むカーディガンのカラー。おしゃれな人はどんな風に着こなしているのか、お手本コーデを早速チェックしていきましょう♪

ダークカラーアイテムを爽やかに魅せる「ホワイトロングカーディガン」

素材的には着られるけれど、色味が秋冬っぽくて今はまだ使えない服ってありませんか? 今季はブラックやブラウンなど夏でも落ち着いたカラーがトレンドなこともあり、カラーリングを調整して軽さを意識すれば、これからのワードローブに追加できるはず!
こちらのモデルさんは、ブラックの花柄ワンピースにホワイトのロングカーディガンをON。レース仕立ての上品なカーディガンが、ダークカラーのアイテムを爽やかにメイク。

パステルの甘さを優しく包む「ベージュロングカーディガン」

「パステルカラーにときめくけれど、服だけが浮いてしまいそう……。」そんな普段と違うテイストにチャレンジしたいときも、頼りになるのがロングカーディガン。カラーはベージュやグレーの馴染みやすいものをセレクト! ロングカーディガンがカラーアイテムの見える面積を減らし、全体の甘さを優しく中和してくれます。天然素材の小物で引き締めつつも、夏気分を盛り上げて♪

オフィスシーンは明るく爽やかな「ミントグリーンロングカーディガン」に頼ってみる

カッコよく見えがちなモノトーンコーデには、ミントグリーンのロングカーディガンを加えてフレッシュな雰囲気に! 一見コーデが難しそうなカラーですが、今季トレンドのブラウン系とも相性がいいので、実は一枚あると便利。また羽織るだけで明るい印象に見せつつも可愛くなりすぎないので、大人世代が取り入れやすいというメリットもあります。爽やかさや上品さも兼ね備えているミントグリーンは、お仕事スタイルにも最適。

カーディガン以外をホワイトアイテムで統一

トップス・ボトム・靴をホワイトでリンクして、カーディガンの中をコンパクトにひとまとめ。そこにすっきり見せてくれるロングカーディガンの力があれば、大人世代が理想とする美スタイルへグッと後押ししてくれます。普段の着こなしに飽きてきたらチャレンジしたい、ロングカーディガンが主役の上級者スタイルです。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。