大人の「ちょっと洒落てる」感が手に入る。いま使いたいホワイトバッグスタイル4選

最終更新日: 2019/08/22 by watabe

Tシャツやカットソーなど似たようなスタイルが増える今の季節、センスよく見せるなら小物アレンジが効果的! 中でも持つだけでオシャレな印象になるのが「ホワイトバッグ」。どんなテイストにもマッチしやすく、程よいアクセントにもなる便利なバッグを持たない理由はありません♪ ホワイトバッグを上手に取り入れたワンランク上の大人スタイルを、早速チェックしていきましょう。

ブラックコーデの洗練度を高めるホワイトトートバッグ

組み合わせるだけで簡単にオシャレな印象をつくれるのが、ブラックコーデとホワイトバッグのモノトーンスタイル! 重たくなりがちなブラックワンピースが、バッグをホワイトにするだけでグッと存在感のある着こなしに。バッグだけでなく、足元もホワイトやライトグレーなど明るい色にすると、より軽やかな雰囲気が手に入るはずですよ。

ロゴ×花柄の強めコーデに上品に馴染むホワイト巾着バッグ

全身モノトーン・大きめのロゴTシャツ・面積の多い花柄スカートといった、インパクトのあるスタイリングには、爽やかなホワイトバッグが適任。小さめの巾着タイプなら強めのコーデに馴染みつつも、女性らしいトレンド感はしっかりキープできます。これからの時期なら、レザーやファー素材で秋をフライングするのもアリ!

ロング&ロングの縦長シルエットをキープするホワイトショルダーバッグ

ホワイトトップス×マキシ丈スカートに、ロングカーディガンを合わせたIラインスタイル。上から下まで直線的な縦長シルエットをキープするためには、ボディラインに収まる小さめのショルダーバッグがマスト。癖のないホワイトカラーを上半身に馴染ませれば、Iラインは途切れず視線アップにも貢献します。

また、角ばった形のバッグはニット素材で出がちなほっこり感を軽減する効果も。ボリュームコーデの引き締め役として、秋冬も手放せなくなりそう♪

ビッグサイズのトートバッグでもホワイトなら軽快

バッグは荷物を運ぶだけでなく、コーデの重さや軽さを左右する重要なアイテム。容量の多い大きめサイズの場合は、ホワイトやベージュのような明るいカラーがおすすめ。ブラックやネイビーのようなダークなカラーだと存在感が強すぎるあまり、全体が重い印象になりがちです。

またレザー素材や角のあるきちんとした形のバッグは男性的に見えるので、ダークカラーは避けるのがベター。アイテムそのものが紳士的ならば、カラーはホワイトやブラウンで淑女ムードに寄せるのが鉄則です♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。