抱っこひもママのポイントは? カジュアルトップス&スニーカーで作るおしゃれスタイル

最終更新日: 2019/09/20 by kaori

抱っこ紐ママのスタイリングは、小さなお子さまの顔に傷をつけないようパーカーやTシャツのような装飾の少ないデザインが鉄則♪
歩きやすいスニーカーと合わせてもおしゃれに決まる、理想のカジュアルコーデを4つご紹介します。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

Tシャツコーデを秋のトーンに移行

Tシャツを着るなら、ゆったりとしたサイズ感がおすすめ。抱っこ紐着脱時に起こる衣類の乱れを簡単に直すことができるため、お子さんと二人でのお出かけも安心です。

こちらはビッグTシャツとプリーツスカートの甘辛MIXスタイル。Tシャツと足元のカラーをブラウンに、さらにサンダルからスニーカーへと移行させることで、夏シルエットのままでも季節感たっぷりの着こなしに仕上がります♪

汚れが目立ちにくいプリントTシャツは何枚でも欲しい

抱っこ紐ママのトップスは、お子さんのよだれや涙で汚れるのは当たり前♥ とは言え、お出かけの途中で抱っこ紐を外すことを考慮し、少しでも汚れが目立ちにくいものを選びたいもの。モデルさん着用のようなプリントTシャツとプリーツスカートのモノトーンスタイルなら、多少のシミはカモフラージュできますよ。

足元はローカットのスニーカーを投入! 華奢な足首をチラ見せして、重量感のあるスカートとの調和を図るのがポイントです。

ボートネックならボーダー×ワイドパンツも上品な装いに

プリントTシャツ同様、ボーダー柄アイテムも汚れが目立ちにくく頼れる存在です。こちらはボーダートップスとワイドパンツのスタイル。動きやすいラフな組み合わせもボートネックのレディなシルエットの力で、理想のカジュアルを確立してくれますよ。モノトーンのボーダーも良いですが、ブラウンベースが今の気分にマッチ!

パーカー×タイトスカートで日常に洒落感をメイク

Tシャツ一枚では肌寒く感じる季節は、動きやすくお手入れがしやすいパーカーが便利♥ 顔周りにボリュームのあるフーディパーカーは、髪をアップにまとめるだけで小顔効果がアップするのも嬉しいですね。

サイドスリット入りのパーカーを選べば、タイトスカートはもちろん足さばきの良いフレアシルエットも好バランスに決まります。ヒールの無いスニーカー合わせも、ぐっとおしゃれに楽しめますよ♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。