レイヤード前提で選ぶ! ワンピースのおしゃれで賢い着回し術をご紹介♪

最終更新日: 2019/10/24 by kaori

ワンピースが「着回しできないアイテム」の代表だったのは、ひと昔前のお話し。今や一枚で着るのはもちろん、アイテムの上に・中に・下に……とレイヤードを踏まえて選択するのが鉄則です。大切な一着を丁寧に着回してこそ、賢い女性と言えそう♪ それでもお手本スタイルを早速チェックしてみましょう。

賢い女性が選ぶのはオフホワイトやアイボリーのシャツワンピース

シャツワンピースは一枚できれいめに着こなすのはもちろん、ボタンを開けて軽アウターとしても使えるから、おしゃれで賢い女性の支持率が高いアイテム! カラーは着回しやすいホワイト系がおすすめです。白っぽい色味の中に冬らしさを感じるオフホワイトやアイボリーなら季節感も手に入りますよ。

また、サイドスリット入りで着丈の長いデザインなら、ボトムとの重ね着がしやすい上にベルトでのブラウジングにも適応します。

さりげない印象のホワイト系だから気分次第でチェンジできる!

ワンピースの上に、ライトコート気分でもう一枚ワンピースを投入した今年らしいグラデーションスタイル。着回しをしても強い印象を残さないカラーだからこそ、その日の気温や予定に合わせた羽織もので異なる雰囲気を演出できるのも嬉しい魅力です。

きれいめなアウターにはもちろん、普段なら手に取りにくいアウトドアテイストのナイロンコートのようなアイテムに合わせても、女性らしいシャツワンピースが大人仕様に格上げしてくれます。

シャツワンピースに、ざっくりニット×レギンスを重ねる

薄手のシャツワンピースだから、ざっくりニットを重ねてもモタつきは徹底回避できるんです! スナップのようにモノトーンにまとめるのも良し、きれい色のニット&ニュアンスカラーレギンスでレイヤードしても良し。品の良い理想のカジュアルが手に入りますよ♥ ソール部分に厚みのあるダッドスニーカーで今年らしくスタイルアップするのもアリ。

デニムスタイルのレディな軽アウターとして重宝

今までワンピースに求めていた華やかさに加え、リラックス感やラクちんさも重視したくなる大人世代。スナップはタートルネックとデニムパンツのカジュアルな着こなしに、シャツワンピースをライトアウターとして投入しています♪

ふくらはぎが隠れるロング丈は動くたびにふんわり揺れ、いつものデニムルックに女性らしさをアシスト。共布のリボンでウエストマークすれば、きれいとカジュアルの両方の要素のバランスが取れた大人らしいコーデが完成します。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。