厳選ボトムが手持ち服を再活用させる! ワードローブに加えたい4つのベーシックカラーボトム

最終更新日: 2019/10/28 by kaori

悩むことも多い毎日のスタイリング。コーディネートは、その日の予定に合ったボトムから決めるとうまくいくんです!

そこで今回は、様々なスタイルを生む4種類の厳選したボトムをご紹介。ベーシックなカラーを選択して、手持ちの服を再活用しましょう。

今季のコーデュロイパンツはきれいめがお約束

リラクシーではなくきれいめに装いたい今季のコーデュロイ素材のパンツは、清潔感たっぷりなホワイトカラーがうってつけ! 締め付け感のない程よくワイドなシルエットは、すとんと落ちるストレートで美脚見えにも効果的です。

スナップではワントーンコーデを異素材の組み合わせにより立体感を出しているので、ナチュラルでありながら印象的なスタイリングに仕上がっていますね。

ホワイトスカートはカジュアル素材でこなれ感を演出

ホワイトやベージュのきれいめスカートは、ニットやコーデュロイ素材で適度にラフな雰囲気を演出するのがおすすめ!

スナップのような余裕のあるシルエットは肉感も拾いにくく、旬のラップデザインでほっこりしたトーンを都会的にシフトしてくれます。足元はスニーカーでも気楽になりすぎず、程よい緊張感をキープ。

大人世代のワードローブに加えたい。甘くないブラックプリーツスカート

ジャケット×プリーツスカートの正統派なコンサバスタイルに、プリントTシャツを投入。テイストにはっきり差をつけた組み合わせで、定番服のクラスアップを実現しています。足元のスニーカー合わせも、プリーツスカートとなら女っぽく整いますよ。

またトレンドスタイルのひとつである「レイヤードコーデ」の着膨れを防止するためには、縦線を作りつつも引き締め効果も合わせ持つブラックプリーツスカートが効果を発揮! 幅の広いひだなら、キュートな印象から辛口モードにイメージチェンジできますよ。

カッコいいけれど女らしいブラウンレザースカート

ウールやニットなどのもこもことした質感に、大胆に合わせたいのがレザースカート! 中でもブラウン系カラーのソフトレザーなら素材の印象が和らぎ、幅広いテイストに取り入れやすくなります。

スナップはボリューミーで温かみのあるホワイトカーディガンに、ブラックカラーのハイネックを繋ぎ役として投入。レザーの滑るような風合いで、ゆったりしたムードを洗練された印象に仕上げて。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。