ガーリー派さん向け・かんたん脱マンネリ技♪ 「柄物」一点投入の秋冬テクニック

最終更新日: 2019/11/15 by watabe

ベージュやブラウンなど洋服の色味もグッと落ち着く秋冬。ベーシックで使いやすい色味が並びますが、無地ばかり選んでしまうとマンネリになりがち。そんなときは【柄物】を一点合わせるだけで、グンと新鮮になるんです♪ ですが、初めてだと「派手になりそう」「辛口な柄だと甘めのスタイリングには合わないかも……」など不安もありますよね?

この記事では、ちょっぴり難しそうな【柄物】を、ガーリーに着こなすテクニックをご紹介します♪

一見辛口な【レオパード】は、やわらかなベージュと合わせて好感度アップ♪

辛口イメージがあるレオパードですが、小ぶりな柄なら優しい印象に見せてくれます。さらに色味もやわらかなベージュでまとめるのが甘口コーデのコツ♪ トップスは袖が長めのタートルネックで、抱きしめたくなる可愛さに。足元はスニーカーでカジュアルダウンさせるのが好感度を高めるポイントです♪

街中でパッと目をひく【大柄フラワー】はブラックベースで都会的に♪

ビビッドなオレンジがアクセントの大柄フラワースカート。スナップのようなメリハリの効いたカラーを選ぶと、幼くならずに済みます♪ モデルさんはブラックのチュールブラウスをトップスに合わせて都会的な装いに。小物はファーバッグのチョイスで、見た目もあたたかい冬コーデの完成です♪

上品な印象の【小花柄】は落ち着いた色味のブラウスで大人ガーリーに

「いきなり大柄に挑戦するのはちょっと……」と勇気が出ないなら、まずは主張が控えめな小花柄から挑戦してみてはいかがでしょうか? 軽やかなシフォンブラウスで取り入れれば上品な華やかさを添えてくれます。さらに大人世代は暗めの色味で大人ガーリーに♪
ボトムスはブラウスのポイントカラーと同系色で合わせるのがおすすめ。全体にまとまりが出て、おしゃれ感もアップします。

定番【チェック】は使いやすさ抜群! 今季はタイトスカートで取り入れるのが旬♪

毎年定番のチェックは、シルエット重視のタイトスカートで取り入れて。大人世代はひざ下丈を選ぶと幼く見えません。明るいグレーのスカートに、トレンドカラーのレッドを合わせることで、より旬顔に。上下ともにタイトなアイテムなので、細めのアウターでももたつかず、窮屈さを感じることなく着られますよ♪

細見え効果もある【ストライプ】は、ドッキングワンピースで時短コーディネート

細見え効果もあるストライプが大人っぽい印象のニットワンピース。上下が繋がっているドッキングタイプなので、これ一枚であっという間にレトロガーリーの完成です♪
ブーツは雪のようなホワイトを選び、重くなりがちな足元を明るく演出。 小物はシンプルにすると、こなれた大人の雰囲気を出してくれます♪

The following two tabs change content below.
somali34

somali34

1981年生まれ。20代飲食店経営を経て、30代ドメスティックブランド2社にてアドバイザーとマネジメントを経験。仙台/福岡/千葉/東京にて従事。 現在は現場からweb業界へフィールド転換しライティングをメインに活動中。美しい日本語の表現を意識した記事作りを目指します。