あえてブラックを使わない! 好印象カラーで楽しむ上品オフィスコーデ♪

最終更新日: 2020/01/20 by watabe

派手すぎず落ち着いた雰囲気を重視したいオフィスコーデでは、シックにまとまるブラック使いが定番です。でも、たまには”あえてブラックを使わない”スタイリングを楽しんでみませんか?

上品に仕上がるフェミニンなカラー使いで、きちんと感を押さえつつ気分転換してみましょう♪ 取り入れやすいベースカラー別にコーディネートをご紹介します。

温かみのある「ブラウン」をベースにした、やさしげなコーディネート

温かみのある「ブラウン」はオフィスコーデにもすんなり馴染む、落ち着いたカラー。仕事に励む女性の表情をやさしく和らげてくれます♪ 親しみやすい雰囲気が周囲からも好印象です。

ブラウンの中でも”濃いめ”を意識することで、明るすぎず締まりのあるスタイリングが実現。ベージュやホワイトなど、同じトーンの組み合わせでまろやかにまとめましょう。

知的な「ブルー」をベースにした、上品コーディネート

爽やかで知的な印象の「ブルー」は、オフィスでのカラーコーデに最適です。大人としては”清潔感”をきちんと押さえたスタイリングを大切にしたいもの。ブルーなら、周りの人に不快感を与えずに色使いを楽しめます。

真逆カラーと思えるブラウンとも、上品な雰囲気が一致するので意外と好相性。こなれた色合わせで、センスの良さをアピールしてみてはいかがでしょうか。

ナチュラルな「ベージュ」をベースにした、癒し系コーディネート

ブラウン同様にやさしい印象を与える「ベージュ」は、ベースカラーとして選ぶことで全体を穏やかな空気に包んでくれます。取り入れるなら、面積の広いロングワンピースが特に効果抜群。話しかけやすいオーラが出るので、職場の人と距離を近づけたい時にもおすすめです。

ベージュ自体は主張が少ないため、ボルドーやパープルなどの濃いカラーを小物でアクセントに取り入れてもOKです。品を保ちながら、オフィスコーデの幅を広げられるのが嬉しいところ♪

The following two tabs change content below.
Riri

Riri

根っからのおしゃれ好きで、販売員を経験したのちアパレル企業のEC事業部に勤務。皆様のお役に立てるようなファッション情報を発信します。