《休日勤務の服装》カジュアルでも部屋着見えはNG! 堅すぎずラフすぎない通勤コーデ4選

いつもの通勤コーデよりも、カジュアルが許される休日の出勤。堅すぎるスタイリングの必要はありませんが、カジュアルすぎて部屋着に見えるのは避けたいものですよね。

そこで今回は、休日勤務向けのコーディネートをたっぷりと集めてみました♪ オフィスらしさとカジュアル感のバランスが難しい……とお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください!

【休日勤務×通勤コーデ/ 1】プリーツスカートできちんと感をキープ

リラックス感のあるパーカーは休日にぴったりですが、デニムパンツを合わせると休日勤務の服装としてはカジュアルすぎる場合も。きれいめアイテムの代表格であるプリーツスカートで、オフィスらしい落ち着きを持たせるのがおすすめです。

プリーツスカート特有の甘さが気になる方は、少し深みのある色合いのものをセレクトすると、大人っぽさが生まれて着こなしやすくなりますよ。トップスとカラーを揃えたスニーカーで統一感を演出するのも、おしゃれ見えのポイント♪

【休日勤務×通勤コーデ/ 2】バレエシューズできれいめに仕上げる

休日勤務の通勤コーデにデニムパンツを取り入れるなら、合わせるシューズ選びにこだわるのが正解。カジュアル要素が強いデニムパンツ×スニーカーは部屋着に見える危険がありますが、バレエシューズを合わせればグッと落ち着いた雰囲気にシフトできます。

ホワイトのソックスが、クラシカルな印象ももたらしてくれていますね。タイトなスキニーパンツに対して、ゆったりとしたトップスをチョイスすれば、シルエットにメリハリが生まれてスタイルアップが期待できますよ!

【休日勤務×通勤コーデ/ 3】羽織るだけでサマになるシャツワンピース

休日勤務後にお出かけの予定があるときは、おしゃれ度の高い通勤コーデを心がけたいもの。リネンワンピース×シャツワンピースで作る、おしゃれ上級者のレイヤードスタイルに挑戦してみましょう♪

どちらかのカラーをホワイトにすると、何色を合わせても色味が喧嘩せずにまとまるのでおすすめです。ロング丈アイテム同士の組み合わせは、のっぺりとして見えるのが気になることも。ウエストマークすることによって、すっきりとしたシルエットに仕上がりますよ!

【休日勤務×通勤コーデ/ 4】トレンドの配色テクニックで脱・部屋着

休日勤務らしいゆったりとした通勤コーデ。リラックス感のある着こなしですが、部屋着に見せないコツは配色テクニックにあります。

トレンド継続中のラテカラーの組み合わせならこなれ感がグッと高まり、おしゃれ見えが叶うこと間違いなし♪ ブラウン系カラーでスタイリング全体が暗くならないよう、明るいベージュのロングガウンで全体の明度を上げていますね。

The following two tabs change content below.
lea

lea

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。