春カラーに迷ったら、色彩効果を有効活用!【4色のイメージ&コーデまとめ】

店頭に春らしいカラー服が並ぶ中、何色を着ようかと悩んでいる方はいませんか? そんなときは、色彩効果を生かすのもひとつの手! 色の持つイメージを有効に活用し、春コーデをさらに楽しんでみましょう。4つのカラーの色彩効果とともにお手本コーデをご紹介します。

【グリーン】話しかけやすい先輩コーデ

森林をイメージするグリーン。目への刺激が少ないため見る人に癒しの効果を与え、どこか安心感をもたらすカラーです。

スナップのようなニットとタイトスカートのきちんと感のあるコーデも、ベースであるグリーンカラーが柔らかな印象へと導きます。大人の女性らしさはそのままに、オフィスでも話しかけやすい先輩像を作り上げてくれるはずですよ。

【ブルー】ゆったりカーディガンで心穏やかな休日を

ブルーは感情の高まりを制御し、心を落ち着かせてくれる色彩効果があります。カラーのお洋服が苦手という方でも、寒色であるブルーは取り入れやすいはず。中でもサックスブルーは少しくすんだ色味なので、実は大人世代向けのカラーなんです。

そんなブルーをゆったりとしたニットカーディガンで取り入れれば、心身ともに安らぐことができますよ。いつものスキニーパンツとスニーカーで、リラックスした休日ライフを過ごしてくださいね。

【パープル】シーンによって使いわける大人のデートルック

寒色と暖色がMIXされたパープルは、クールと情熱など極端に違う色彩効果のあるカラー。デートなら情熱的な赤紫を、できる女を演出するなら青紫など、着用シーンや相手にどういう印象を与えたいかで使い分けるのがおすすめです。

青みが強いパープルはちょっぴりクールに見えるから、モノトーン派さんのデートスタイルにもぴったり。スナップのように足元はブラックで引き締めて、コーデのバランスを最適化しましょう。

【イエロー】愛用バッグで気分を明るく!

「カラー服を着るのは抵抗がある……」そんな方は小物で挑戦してみましょう! 中でもポジティブパワーを高めてくれるイエローは、毎日でも取り入れたいハッピーカラーです。

スナップのような小さめのハンドバッグなら、明るめのイエローも大人顔に仕上げてくれます。またイエローはベージュと馴染みがいいから、トレンドコーデにも合わせやすいのも嬉しいポイント♡

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。