大人女子の「老けないポニーテール」のつくり方♡ こなれ感を手に入れる今どきテクニック

ささっと手軽にできるポニーテール。でも普通に結ぶと疲れて見えたり、老けた印象になったりと、なんだかダサい……?

こなれ感を出すには「程よくルーズ」が肝でした! 今回はおしゃれなポニーテールのつくり方をご紹介します。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

こなれポニーテールの手順1/ 髪を巻いて「こなれる」

まずは全体を巻いていきましょう。時間がない場合は毛先だけでもOK。髪の毛が曲線を描くことで柔らかく女性らしい印象をもたらしてくれます! サラサラとしてまとめづらい場合も、カールを付けることでより扱いやすくなるはず。

巻き終わったら、手ぐしでざっくりとまとめましょう。

こなれポニーテールの手順2/ 後れ毛の出し方で「こなれる」

顔まわり、こめかみ、耳後ろ、襟足の4点から後れ毛を出しましょう。動きが出ることで立体感が生まれ、華やかさがプラスされます。フェイスラインがあいまいに見えて、小顔効果が上がるのも嬉しいところ!

ここで髪の毛が巻かれていないと、ただのボサボサに見えてしまうので要注意。必ずカールを付けましょう。量が多すぎると野暮ったく見えるので、こちらも気を付けて。ひとつまみが適量です。

こなれポニーテールの手順3/ 程よく崩して「こなれる」

きっちりまとめすぎると老け見えの原因になります。かと言ってトップを高く盛りすぎても古くさくなってしまう……。そんな時は全体を軽く崩してみましょう! トップ、結び目の上、襟足の髪の毛を1cm間隔で引き出してみてください。無造作な感じが出て、程よい抜け感が生まれます。

 

絶壁の人は特に、結び目の上をしっかりめに引き出しましょう。トップだけが浮かず、結び目にかけて自然な丸みが作れます。最後は鏡で全体のバランスをチェックすることが大事です。

 

これでこなれ感のあるポニーテールの完成です! ぜひみなさんも挑戦してみてください♪

The following two tabs change content below.
aomaya

aomaya

美容師の経験を生かして現在は美容、ファッション系のフリーライターとして活動中です。おしゃれの魔法がみなさんにも届きますよう、心を込めて執筆いたします!