清涼感あふれるオフィスコーデを作る方法は? 涼しい服装で夏の通勤を快適に♪

最終更新日: 2020/06/25 by watabe

「清涼感」は暑い夏の服装で意識したいキーワードのひとつ。爽やかな見た目はもちろん、実際に着ていて涼しいかどうかも重視したいですよね。

そこで今回は「清涼感」に注目し、涼しさを感じる通勤コーデをピックアップしました♪ 夏にぴったりのスタイリング術とアイテム選びを、早速チェックしてみましょう。

【涼しい通勤服1. リネン】夏に活躍する素材で、機能性と見た目を両立!

ブラックカラーのボトムスは通勤服の定番アイテム。とはいえ、光を吸収するブラックはほかの色味よりも暑さを感じやすいのが難点ですよね。

それなら素材に注目し、風通しのいいリネンのボトムスを服装に取り入れてみましょう。吸湿性に優れているため蒸れにくく、風をはらむ質感が実に軽やか。見た目&機能性ともに、涼しい雰囲気をキープできますよ♪

【涼しい通勤服2. レーススカート】透け感で重さを解消!

ボディラインに沿うタイトスカートは女性らしい通勤服にもってこいですが、ぴったりとしたシルエットが夏の服装では重く見えがち。汗による張りつきが気になる方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、いつものタイトスカートをレース素材にシフトすること。レース特有の透け感によって涼しい印象を与え、重さをしっかりと解消できますよ。

【涼しい通勤服3. ワンピース】さらっと着こなして、爽やかお仕事女子に♪

通勤ファッションを清涼感たっぷりに楽しみたいなら、オフィスにマッチするワンピースを用意しておいて。ふわっと風が通り抜けるワンピースは通気性がよく、涼しい着心地を終日キープできますよ。

スナップのワンピースは、ウエストにあしらわれたリボンがメリハリを生み、お仕事シーンにしっかりフィット。トレンドのフレンチスリーブで、二の腕ラインも上手にカバーできていますね。

【涼しい通勤服4. 配色】ブルー×ホワイトで清涼感を演出

通勤服を涼しげに仕上げたいときは、素材はもちろんコーディネート全体の配色にもこだわってみましょう。清涼感のあるカラーの中でも、特に「ブルー」はオフィスらしいきちんと感を演出できるのでおすすめです。

こちらのスナップでは、ブルーのブラウスにホワイトのアイテムを合わせてスッキリとした服装に。シルバーのアクセサリーや部分使いにしたブラックカラーによって、重さを回避しながら上手にアクセントを付けていますね!

The following two tabs change content below.
leeeaaa2525

leeeaaa2525

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。