「バイカラー」ってどんな意味? アイテム難易度別に見るバイカラーの取り入れ方♪

最終更新日: 2020/07/29 by kaori

ファッション用語の「バイカラー」とは、一つのアイテムの中に二つの色を使っているものを意味します。バイカラーアイテムはおしゃれに見えるのが嬉しいポイントですが、存在感があるため少し取り入れにくいことも……。

今回はそんなバイカラーアイテムを、取り入れやすさの難易度順にご紹介します。ぜひ参考に、バイカラーアイテムでおしゃれ上級者のスタイリングを楽しみましょう!

【難易度レベル1】まずは小物から。挑戦しやすい「バイカラーバッグ」

バイカラーアイテムに初挑戦するなら、まずはバッグなどの小物から取り入れてみるのが◎。存在感を程よく抑えつつ、着こなしにアクセントをプラスすることができますよ。

難しく感じるコーデ配色は、他のアイテムのカラーとリンクさせればOK! 統一感が生まれてバイカラーアイテムが浮く心配がありません。反対にモノトーンでまとめたスタイリングには、ビビッドカラーを差し色として投入するのもおすすめです。

【難易度レベル2】「バイカラースカート」でこなれ感のある着こなしに

「バイカラーアイテムに挑戦したいけれど、派手に見えるのは避けたい」という大人女性は多いはず。それならボトムスでさりげなく取り入れてみて。

ライン状に色味が組み合わさったバイカラースカートならごちゃついて見えず、難易度が高く感じるアイテムもシンプルに着こなせますよ。寒色系やニュアンス感のある配色など、大人っぽい色味をセレクトするのもポイントです。

【難易度レベルMAX】存在感抜群! 大胆な「バイカラーワンピース」

バイカラーアイテムに挑戦するときは、面積の小さいものから取り入れるのが成功のカギ。小物やスカートでバイカラーに慣れてきたなら、思い切って大胆なワンピースにトライしてみましょう!

合わせるバッグやシューズをシンプルにまとめると、存在感のあるバイカラーワンピースも大人っぽく着こなせます。素足が見えるサンダルで抜け感を演出することで、ロング丈ワンピースの重さが抑えられてすっきりと仕上がっていますね。

The following two tabs change content below.
leeeaaa2525

leeeaaa2525

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。