いつもの服を”秋っぽく”する4つの技【おしゃれな人ほど秋らしい♥】

いよいよアパレルショップでは秋服の販売が本格的にスタート! ファッション誌の特集も多く見かけるようになりました。ファッショニスタたちの中では「秋服が一番好き」という意見も多く、おしゃれな人こそ秋への切り替えが早いと言われています。

とはいえまだ暑い日もあり、秋服なんて着られないと感じる方も多いのでは……。そこで今回は涼しいけど秋っぽくなれる、便利なテクニックを4つご紹介。今年は素早く秋服に切り替えて、おしゃれを演出しちゃいましょう!

ノースリーブ&半袖でも「ニット素材」ならOK♪ ダークカラーやくすみ色でさらに秋っぽく

まだ暑さの残る日中。そんな暑い日に着るノースリーブや半袖でも、「ニット素材」なら秋服として着用可能です❤︎

秋服化のポイントは「色使い」。ホワイトやブルーなど爽やかなカラーだと夏感が強く出てしまいます。ブラックやブラウンなどのダークカラーや、スナップのようなくすみカラーを使って、秋の装いを演出しましょう。

秋の大定番「チェック柄」を主役にすれば、いつものコーデも秋服に変身

秋の定番チェック柄を活用するのもおすすめ❤︎ 他のアイテムが夏物だったとしても、これ一つあればコーディネートが一気に秋らしく。

チェック柄を主役にするため、他のアイテムはシンプルにまとめるのがミソ。カラーを統一したり、無地やワンポイントのデザインを選んだりすれば、チェック柄が引き立ちますよ♪

小物使いが秋服のポイント♥ トレンド「ベレー帽」は素早く取り入れるのが正解

今年の秋冬も大活躍間違いなしの「ベレー帽」。こちらも身に着けるだけで、一気に季節感が出る便利アイテムです。秋っぽさを最大限に出せるよう、ウールやフェルト、レザーなどの素材をチョイスしてみてください❤︎

秋と夏のアイテムを上手に馴染ませるには、カラーリンクさせることが重要。トップスやシューズ、バッグと秋物アイテムの色を揃えることで、統一感が出ておしゃれに決まります♪

足元を制する者がオシャレを制する♪ 「レザーショートブーツ」で足先に重みを出す

靴で秋感を投入するのも季節を変えるのにうってつけ❤︎ 中でも、季節感を最大限に出すためのイチ押しは「レザーショートブーツ」。足元に程よい重みが出て、秋らしくおしゃれな印象に仕上がります。

ブーツにより重心が下がってしまうため、目線を上げることがコーデのポイントとなります。モデルさんのように丈が短いトップスを着たり、腰位置にバッグを置いてウエストラインを強調したりすると、スタイルアップできますよ♪

The following two tabs change content below.
ayano

ayano

現役アパレル店員、駆け出しライター。カラーセラピストの資格を持ち、色を使った提案が得意です。旅行とお酒が大好き。気軽にさらっと出かけられるきれいめカジュアルファッションをお届けします!