2020秋冬トレンドのピンク、何色に合う? 旬カラーの甘すぎない配色コーデ12選♪

2020秋冬のトレンドカラーである「ピンク」。身に着けるだけで幸せな気分になれそうな甘い色ですが、どんなカラーと組み合わせればいいのでしょうか?

今回ご紹介するのは、旬色・ピンクと相性のいいカラーコーディネート。どんな色と合うのか、スタイリングを参考にしてみましょう!

【原色ピンク】「ナチュラルなリネン」で取り入れてサラリと健康的に

ネガティブなイメージがなく明るくて華やかなピンク色。桜の色合いが「春」を連想させるので、気分を前向きにする視覚効果もあるといわれています。

「原色に近いピンク色」の場合、ナチュラルな生地で取り入れるのが派手見えさせないポイント。シワ感のあるリネンシャツやスカートで取り入れれば、健康的で華やかなスタイリングに仕上がります。

【淡色ピンク】「白&ベージュ」で優しい印象に

ふんわり優しいカラーが人気の「淡色ピンク」。派手見えしないこんなピンクは、白+ベージュカラーに合わせるとナチュラルな女性らしさが漂います。上品なライトトーン配色なので、甘さが苦手な大人女子にもおすすめ。

【ダスティピンク(くすみピンク)その1】ニュアンスのある色味を「オフホワイト」で引き立たせて

大人のピンク色といえば、押さえておきたいのがスモーキーでくすんだ「ダスティピンク(くすみピンク)」。ホワイトカラーに合わせると、ニュアンスのある色味が引き立ちます。

【ダスティピンク(くすみピンク)その2】「黒」を合わせれば大人っぽく

ダスティピンクをシックな黒に合わせれば、大人っぽいコーディネートに。くすんだピンクが黒色でキリッと引き締まり、ピンク特有の甘さを抑えてくれます。

【ビビッドなピンク】面積が小さい「ミニバッグ」で取り入れて

ピンク色の中でも一番お目立ちなのが、紫がかった「フューシャピンク」。ビビッドで派手見えしそうですが、面積の小さいミニバッグで取り入れるとおしゃれな差し色に変身!

コーディネート全体の色味を抑えておくことで、ビビッドなピンク色バッグがエレガントに決まります♪

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。