通勤アウターの基準は「脱ぎ着しやすいか」。着脱ラクチンなオフィス用アウター

すっかり秋の雰囲気になり、そろそろアウターなど羽織るものが必要になってきました。

ただ通勤用となると、好きなものを着られるわけでもなく……。出先での着脱のしやすさに重きを置いている人も多いのではないでしょうか。

今回は、秋から冬にかけておすすめな着脱のしやすい通勤アウターをご紹介します。本格的に必要になる前にGETしておきましょう。

季節の変わり目に重宝する「ニットカーディガン」

脱ぎ着しやすい/着脱しやすい/オフィス・通勤・仕事アウター/ニットカーディガン

秋はじめの季節にぴったりな「ニットカーディガン」。サッと脱ぎ着できるだけでなく、シワになりにくいのも嬉しいポイントです。
きれいめに着たい人は目の細かい「ハイゲージニット」がおすすめ。よりスマートに、端正に着こなせます。冬場はコートの下に着たり、職場内での温度調節に使ったりしても◎。

ジャケットは「ノーカラー」の方が襟元を気にせず着脱できる

脱ぎ着しやすい/着脱しやすい/オフィス・通勤・仕事アウター/ノーカラージャケット

仕事に欠かせない「ジャケット」。着脱のしやすさに注目するなら「ノーカラー」デザインがおすすめです。サッと着たときに襟元が崩れていた、という心配から解放されます。また、テーラードカラーより女性らしく上品さが強いので、ジャケットのかっちり感が苦手な人にもイチ押し。

意外なおすすめは「ノーカラーブルゾン」

脱ぎ着しやすい/着脱しやすい/オフィス・通勤・仕事アウター/ノーカラーブルゾン

通勤アウターとして意外と盲点な「ブルゾン」。カジュアルな服と思われがちですが、こちらもジャケットと同様に「ノーカラー」を選べば品よく着られる一着に。それにコンパクトな分、とても着脱がしやすいんです。サッと脱いで手に持っているときも煩わしさを感じません。

「コート」は長すぎると着脱にモタつくので程よい丈感を

脱ぎ着しやすい/着脱しやすい/オフィス・通勤・仕事アウター/コート

寒くなるといよいよコートの出番。着脱のしやすさを前提に考えるのなら、「ロングすぎない丈」がおすすめです。たっぷり長いとかさばるだけでなく、脱ぎ着する際に床についてしまったり、サッと羽織れなかったりしますよね。スムーズでスマートに着脱したいのなら、長すぎない丈がイチ押し。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡