高い腰、自然なくびれ。「女っぽシルエット」を作るウエストマーク講座

盛るおしゃれよりも、今はシンプルやカジュアルなスタイルが主流。シンプルな中にも、形や色・小物にこだわっておしゃれを楽しんでいる方は多いはず。しかしそれでも「地味」「カジュアル過ぎて色気がない」と感じることはありませんか?

盛らないからこそ「シルエット」を意識することが大切です。そこで今回は、女性らしいスタイルが作れる「ウエストマーク」をレベル別に徹底解説。さりげなく女っぽさを漂わせたい日に最適なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【ウエストマークレベル★☆☆】「ベルト&リボン付きハイウエストパンツ」ならすぐに決まる!

ウエストマークに慣れていない方は、ただ穿くだけでOKな「ベルトやリボン付きのハイウエストパンツ」を選んでみてください。工夫なしでコーデがキマるから失敗もなし!

【ウエストマークレベル★★☆】「ベルト付きトップス」で簡単Xラインコーデ

ウエストを絞り女性らしいシルエットを作る「Xライン」は、難易度が高そうなイメージもありますよね。しかし「ベルト付きのトップス」を着ればカンタンです! 手持ちのパンツやスカートに合わせるだけで、こなれ感のあるXラインコーデが作れますよ。

【ウエストマークレベル★★☆】「+ベルト」でウエストをキュッと引き締め

カンタンにウエストマークが出来る「ベルト」をコーデに取り入れるのもおすすめです。ブラックやブラウンのアイテムならシャープなアクセントを生み、ハンサムな女っぽさがプラスできますよ。

さらに靴とバッグを同系色で揃えれば、まとまりのあるコーデに。

【ウエストマークレベル★★★】トップスやワンピースの上にベルトをON

ウエストマークに慣れてきたら、トップスやワンピースの上にベルトを着けて女っぽなシルエットに仕上げてみましょう!

ベストな位置は体型によって変わるので、バランスを見ながらベルトの高さを調整してくださいね。やや細めのベルトを選ぶと、コーデに馴染んで使いやすいですよ。

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。