もうニットで着膨れしない! ベストな選び方&お手本コーデ【体型別】

肌寒さつのる今日この頃、ニットが恋しい季節に突入しました♡ 存分にニットを着たい反面、そのボリュームから着膨れを心配する声も多く聞こえてきます。
その解決策は一つ、「自分の体型に似合うものを選ぶこと」! 押さえるべきポイントや実際のコーディネートをご紹介します。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

似合うニット選びのポイントは?

自分に似合うニットを選ぶため、押さえるべきポイントは次の3つ!

一つ目は「サイズ感」、次に「ネックライン」、最後は「ゲージ(ニットの目)」です。

どんなデザインであれ、似合うニットはスタイルがよく見えます。反対に似合わないニットは着膨れやダラしない印象に見せる恐れも……。どんなデザインが自分に似合うのかをしっかり見極め、秋冬のニットスタイルを思いっ切り楽しみましょう。

【上半身に厚みのあるタイプ】「Vネックニット」ですっきり

着痩せ効果の高い「Vネックニット」は、【上半身に厚みのあるメリハリタイプの方】にぴったり! スナップはニットの目が小さいハイゲージのものをセレクトし、上品で洗練された印象に仕上げています。鎖骨が見えることで女性らしく、さらにフィットしすぎないちょうどいいサイズ感が細見えをお約束。

【上半身が華奢で曲線的なタイプ】「ふんわりニット」でよりフェミニンに

【体つきが曲線的なタイプの方】は装飾のないシンプルなデザインや、ネックラインが深くあいたニットは避けるのがベター。体に厚みがない分、どうしても貧相な印象になりかねません。

おすすめなのは、スナップのような「モヘアのふんわりしたニット」です。大きすぎるとダラしなく見えるので、程よいサイズを選ぶと◎。

【しっかりした骨格のスレンダータイプ】「体が泳ぐサイズ」で美しく

【骨や関節がしっかりしたスレンダータイプの方】は「ゆとりのあるローゲージニット」を着こなすのが得意。その一方、ハイゲージのニットは物足りない雰囲気になりがちです。

そこでスナップのように、ゆったりサイズのニットベストにシャツやカットソーをインすれば、理想の大人カジュアルを演出できます。インする服を替えれば着回しも楽しめますよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。