今から買うなら「短め丈コート」はいかが? 使いやすくて鮮度アップなアウター11選

「今からコートを買ったらもったいないかな……」そう思っているなら、【短め丈コート】をチェックしてみては?

ずっとロングコートのトレンドが続いていたからこそ、腰からひざ丈のコートが新鮮。車や自転車移動が増えた方も、短め丈コートなら快適です。さらに、年末年始のセールで買っても春目前までヘビロテできるので、買って損はなし!

そこで今回は、おすすめの短め丈コートコーデを11スタイルご紹介します。ぜひお気に入りを見つけてみてください。

【1】ミディアム丈の「ウールチェスターコート」

まずご紹介するのは「ミディアム丈のチェスターコート」です。去年までは、ふくらはぎくらいのロング丈が主流だっただけに、短くなるだけでとっても新鮮! スナップではオールブラックコーデにサッと羽織って、ミニマルな大人スタイルに。

【2】ミディアム丈の「ノーカラーコート」

「ノーカラーコート」もミディアム丈になるだけでとっても新鮮な装いに。襟がないので、マフラー・ストールとは相性バツグン。シンプルだからこそ、着こなし方でアレンジしやすいのが魅力です。

【3】「ショートボアジャケット」はパイピングデザインが最旬

「ボアジャケット」は短め丈になるだけでも鮮度アップしますが、さらにパイピングを施したデザインを選ぶと今年らしさMAXなコーデに。パイピングが全体をピリッと引き締めてくれるので、カジュアルだけどシャープな着こなしに仕上がりますよ。

【4】「ショート丈ダウンジャケット」であったか&軽やか

「ダウンコート」も今から買うなら短め丈がおすすめです。軽やかに着こなせるので、暖かいのにコーデが重くならず、スタイルアップも実現! ワンピース・パンツ・スカートとあらゆるボトムスに合わせやすく、ヘビロテできるアウターです。

【5】あえてキレイめに着る「キルティングジャケット」

ここ数年、カジュアル派の方から絶大な支持を得ている「キルティングジャケット」。今年は短め丈もたくさん登場していて、あえてキレイめに着る方も増えています。コンパクトなジャケットをすっきり着こなすと、新鮮でおしゃれに見えますよね。

【6】トレンド素材の「レザージャケット」

2020秋冬のトレンド素材に上がった「レザー」。風を通さない素材なので、実は短め丈アウターでもとっても暖かいんです。イチオシはスナップのような「シャツジャケット」。おしゃれに見えてコーディネートしやすいはず。

【7】意外とマルチに使える「ムートンコート」

デザイン性の高い「ムートンコート」ですが、意外とマルチに使える便利アウターなんです。カジュアルはもちろんガーリーにもハマるので、コーデの幅が広がります。短め丈なら、インパクト大なムートンもバランスよく着こなせますよ。

【8】モードの最先端を行く「ケープコート」

2020秋冬、海外コレクションで注目されているのが「ケープコート」。モードの最先端を追いかけるファッショニスタは早速取り入れていました。特徴的なデザインだからこそ、短め丈がコーデしやすくワードローブになじむはず。2枚目アウターとしてもおすすめです。

【9】いま買って長く愛用できる「マウンテンパーカー」

カジュアルの定番になりつつある「マウンテンパーカー」はいま購入して春まで活用できるので、長く使えるコスパ最強アウター。特に車移動が多く、厚手アウターはあまり着ないという方は、バリエーション多彩に揃えておいてもいいかもしれません。

【10】サラッと羽織っておしゃれに決まる「フーデットコート」

親しみやすいデザインの「フーデットコート」。幼く見せないよう、スウェードやフェイクファーのちょっと大人っぽいデザインを選ぶのがおすすめです。短め丈コートは今年トレンドのロングブーツとの相性も◎!

【11】着回し力No.1! 「ニットカーディガン」

最後にご紹介するのは、着回し力No.1の「ニットカーディガン」です。立体感のあるケーブル編みを選べば、アウターとしてはもちろん、上に重ね着もできるので、コーデの幅が広がります。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。