40代50代のプリーツスカートは上品に。シンプルで大人っぽい、プリーツスカート着回しコーデ17選♪

40代50代の女性に人気のスカートといえば「プリーツスカート」。シンプルなプリーツスカートを大人っぽくオシャレに着こなすにはどうすればいいのでしょうか?

今回ご紹介するのは、40代50代におすすめの着こなし方。48歳#CBKモデル・園部知美さんのスナップから、上品コーデをチェックしてみましょう!

※年齢は初回掲載時点のものです

プリーツスカートはスッキリ見え&体型カバーに◎

「プリーツスカート」はオシャレに体型カバーするのに最適なアイテム。立体的なプリーツの凹凸で下半身のラインを拾わない上、プリーツの縦ラインでスッキリ着痩せして見えるんです。

今シーズンおすすめなのが、シンプルなプリーツスカートとニット・ブーツを組み合わせたコーディネート。アイテムの色味をグレー~ブラックの濃淡でまとめれば、シックなグラデーションコーデが完成します。

ひざ下丈のプリーツスカートにピッタリめニットを合わせてきれいめに

プリーツスカートをきれいめに着こなすなら、シンプルなニットとパンプスの王道コーデが◎。ぴったりめなニットと長すぎないひざ下丈プリーツスカートの相乗効果で、コーディネートにきちんと感が加わります。

ゆるっとしたニットも、プリーツスカートとパンプスがあればきちんと見え

40代50代が着るとダラしなく見えそうな「ゆるっとニット」。しかしプリーツスカートとパンプスを合わせれば、きれいめ感がグッとUPします。

ラフ感のあるトップスには、コンサバなひざ下丈のプリーツスカートより、ロング丈を合わせる方が今っぽくオシャレに決まります。

白のプリーツスカート×くすみカラーのニットで明るい印象に

パッと明るい印象になるのが、白のプリーツスカート×くすみカラーニットの組み合わせ。白プリーツスカートにニットの色がキレイに映えて、健康的なスタイリングに決まります。

「パーカー+スニーカー」でプリーツスカートをカジュアルに

カチッとしていないカジュアルなプリーツスカートは、スポーティなパーカーとも相性バツグン。

パーカーが浮いて見えないように、足元にはスニーカーを合わせるのがポイント。トップスとシューズでカジュアルなテイストを揃えれば、プリーツスカートがしっかり馴染みますよ♪

襟つきシャツ合わせは真面目すぎないように、程よく着崩して

コーディネートにきちんと感を演出したいときは、襟つきシャツがおすすめ。

とはいえ、プリーツスカートとの組み合わせが真面目すぎてしまわないよう、シャツをトップスアウトしたり、カジュアルなデニム生地を選んだりするのが◎。程よく着崩した感じになり、こなれた雰囲気に決まります。

シャツワンピースとのレイヤードに活用

プリーツスカートはシャツワンピースと重ね着するのにもぴったり。ワンピースの裾からチラッと見えることで、トレンドのレイヤードスタイルが完成します。

バランスがとりにくそう……という方は、プリーツスカートとワンピースを同系色で揃えてみて。色味がまとまるので全体に統一感が生まれ、スッキリとおしゃれに決まりますよ♪

ヒダがくっきりしていないプリーツスカートならナチュラルに着こなせる

ナチュラルに着こなしたい、という方におすすめなのが「ヒダがくっきり入っていないプリーツスカート」。例えば”ワッシャープリーツ”はプリーツとシワ加工のMIX生地なので、軽やかで自然な風合いに。足首丈で取り入れても重さを感じさせません。パンプスでコーディネートすればキレイめにまとまり、よそ行き感もアップします。

いかがでしたか?

プリーツスカートは甘めなトップスの引き締め役にも最適。スカートが持つ品のよさが効いて、コーディネートに落ち着いたムードを演出。若作り感なく、華やかなスタイリングに決まりますよ♪

2020年12月15日 公開
2021年11月6日 更新


「40代50代」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。