【40代50代】オシャレも下腹ぽっこりカバーも♪ 「素敵なラップスカート」特集

近ごろ下腹あたりが気になってきて「今まで着ていたものではカバーしきれないかも……」ということはありませんか? そんな大人世代におすすめしたいのが「ラップデザインのスカート」です。くるっと巻いたようなデザインで、気になる部分を程よくカバー。一枚だけで着こなしのアクセントにもなりますよ。

しかも最近は取り入れやすいロング丈のラインナップが豊富。おすすめのデザイン例を厳選してご紹介します。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

1:ウエストのドレープがきれいな「タイトデザインのラップスカート」

まずおすすめしたいのがタイトデザインのラップスカートです。無理なく体を包みこんで、きれいにボディラインを整えてくれます。普通のタイトスカートより布の分量も多いので、足さばきも楽ですよ。

ベージュカラーであれば組み合わせしやすく、大人の上品さも演出できます。スナップのものはウエストまわりに重なり合う自然なドレープ部分がアクセント。モデルさんのようなメリハリのある配色や、袖にポイントのあるデザイントップスで目線をアップさせるのもコーデポイントです。

2:「ハイウエスト×留め具付きラップスカート」で視線をそらす

続けてタイトデザインのラップスカートをご紹介。こちらはフロント部分をパタンと折りたたむようなデザインで、一枚でこなれたコーデが完成します。さらにハイウエスト位置の留め具も引き締めポイント。気になる下腹あたりから目線をそらせます。秋に選ぶのであれば、トレンドのくすみカラーがおすすめ。

スカートのフェミニン感を生かすなら、シフォン系のブラウスにパンプスを合わせてみましょう。さらにモデルさんはスカートのポイントカラーになっているブラックで統一し、大人の余裕を感じさせる甘くならない仕上がりに。

3:トレンドコーデだって簡単! 主役級の「プリーツ切替ラップスカート」

次に紹介するのはプリーツ切替のラップスカートです。ランダムな裾の動きが軽やかで、気になる部分から視線をそらしてくれる効果アリ。主役級のアイテムなので、簡単にトレンドコーデにアップデートできます。

モデルさんはもう一歩踏み込んで、シアー素材のシャツにアシンメトリーデザインのインナーを組み合わせて攻めのコーデに。しかしモノトーンでも柔らかい印象なのは、絶妙な素材選びによるところ。ブラックで統一したハットとブーツも、バランスのよい引き締めポイントです。

4:大人に似合う♪ 「ピンクのプリーツラップ風スカート」

最後はピンクカラーのラップ風スカートをご紹介します。こちらはタイトスカートの上にプリーツパーツが組み合わされたツヤ感素材のアイテム。下半身のボディラインを拾わず、女性らしい華やかなコーデに仕上げてくれます。

「ピンクは素敵だけれど甘くならないか心配……」という方には、ベーシックカラーとの組み合わせがおすすめです。例えばモデルさんはシンプルなブラウンニットを組み合わせて、落ち着いた大人の装いに。スカートが軽やかなのでブラックのヒールブーツを合わせても重くならず、バランスのいいコーデに仕上がります。

The following two tabs change content below.

伊藤 マユミ

長年アパレル業界に従事し、メンズ・レディースともに販売員、店長、バイヤーの経験があります。 現在は主にWEBライターとして活動中です。1960年代のヴィンテージものが好きで、いつもアンテナを張っています!