シンプルコーデがシンプルすぎる……? おしゃれに見せる4つのプチテクニック

シンプルな服は、デザイナーさんからの「あなたらしく着てください♡」というメッセージ。今回はモノトーンのミニマルなファッションにぴったりなトッピング技をご紹介します!

【1】「レザーの艶」で華やかに

モノトーンスタイルを華やかに見せるなら、まず「レザーの艶っぽさ」をプラスするのがおすすめ! 特に今季はシャツにスカート、ベレー帽などレザー調のアイテムが豊富なので、モノトーン派さんはぜひトライしてみて♡

スナップは、ホワイトニットとブラックレザーのパンツスタイル。レザーの艶っぽさでアクセントを付けつつ、ニットのふんわりとした風合いでマイルドに仕上がっています。

【2】「足元」にポイントをON

靴は少ない数でいろんなコーデに合わせようとすると、ついつい無難なブラックやブラウンを選びがち……。しかし上下の服がミニマルである大人世代こそ、足元にポイントをおくとグッとセンスのよさが際立ちます。

スナップのように情熱のレッドで彩を添えるのもいいですし、エレガンスに盛れる一足で洗練感を高めるのもアリ。デザイン性の高い靴は意外と残っているので、冬のセールで上質な靴を探してみるのもいいですね。

【3】「マフラー」をトッピングしてみる

シンプルコーデのときこそ生きてくるのが「マフラー&ストール」! スナップのような程よくふっくらしたマフラーなら、無造作に巻くだけでコーデが華やかに♡ さらに顔まわりに厚みが出るので、相対的に小顔効果がアップします。

マフラーやストールは顔に近いアイテムなので、上質な素材&カラーは似合うトーンを選別すると、コーデがさらに素敵に見えますよ。

【4】アクセサリーは「いつもより多めに」

お洋服がシンプルだからこそ、アクセサリーは2割増しくらい着けて個性を出しましょう。

スナップのような大ぶりのバングルを着けてガツンと存在感を出すのはもちろん、小ぶりなものを重ね付けするのもオシャレ♡ アクセサリーの大きさや数は、自分の体の大きさとのバランスで決めるとうまくいきますよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。