40代の「白インナー見せ」はこう着こなそう! 若作り感のない、大人の重ね着スタイル7選♪

トップスの裾から中に着た服をチラ見せする「インナー見せコーデ」は、カジュアル派さんに人気の着こなし方。”若い世代のコーディネート”というイメージがありますが、着こなし次第では40代の女性にも似合うんです♪

今回ご紹介するのは、40代にぴったりな「白インナー見せコーデ」。ポイントを押さえて、若作り感なくおしゃれを楽しんでみませんか?

※こちらの記事ではモデルさんの年齢問わず、コーデの参考としてスナップを選定しています。

40代は「見せる白インナーの量を少なめに」

40代におすすめなのが、「見せる白インナーの量を少なめにする」着こなし方。白インナーをゾロリと長く出すのは、どちらかといえば若い世代向きです。

コーディネートしやすいのが、トップスから白インナーがちょこっと出る程度のチラ見せ。白色をアクセント的に効かせることを意識すると、インナー見せの着こなしがうまくいきます。

「タートルネックニット×センタープレスのパンツ」で白インナー見せをきれいめに

40代の場合、中に着る白インナーは上品に仕上がる「ホワイトシャツ」がベター。例えば大人っぽいタートルネックのニットとセンタープレスのパンツに組み合わせれば、きれいめな白インナー見せが完成します。

「襟付きシャツ」で白インナー見せに清潔感をプラス

バンドカラーやシャツカラーなど襟つきのホワイトシャツを挟めば、さらに清潔感のあるインナー見せコーデに。ここでは襟を出さず、丸首からチラッと見せるくらいがおしゃれなバランス。こなれ感のあるスタイリングに仕上がります。

白Tシャツには「Vネックのニット」を重ねてすっきりスポーティに

インナー見せに白いTシャツを使う場合は、上にVネックのニットを重ね着するのがおすすめ。Tシャツを首元と裾からしっかり見せることで、カジュアルなTシャツがスポーティな印象に変わります。

ボトムに黒のスキニーパンツをプラスすれば、Tシャツの白が引き立ってさらに爽やかに。

「ベージュのニット&ボトム」に重ねてふんわり上品な白インナー見せに

白インナー見せを上品に着こなすなら、ベージュ色のニットに組み合わせるのが◎。ふんわり淡いベージュカラーで白インナーを挟むと、ふんわりナチュラルなコーディネートに仕上がります。

40代へのイチ押しは「ホワイトシャツ&ベージュのタートルネックニット」の組み合わせ。大人っぽくて柔らかな着こなしが楽しめますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。