「ボリュームブラウスが太って見える」を解消! 着痩せコーデテクニック5選

2021春のトレンドである「ボリュームブラウス」。フレアやティアード、ボリュームスリーブなど、ふんわりシルエットが可愛いアイテムですよね。でも、ふんわりだからこそ「太って見えそう」という声もちらほら。

そこで今回は、ボリュームブラウスをよりおしゃれに着こなす着痩せコーデテクニックをご紹介。どれも簡単にできるアイデアばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

【1】「ウエストタックイン」でメリハリシルエットを作ってみる

まずご紹介するのは、ボトムスにウエストをタックインしてメリハリシルエットを作るテクニック。ブラウスにボリュームがあるからこそ、ウエストを引き締めたときに緩急がついて、効果的にスタイルアップできるんです。

さらにベルトを使ってウエストマークすると、細い部分が強調されて効果が倍増しますよ。

【2】「ボリュームブラウス×フレアパンツ」でスタイルアップ

ボリュームのあるブラウスは上半身がどうしても着膨れしがち。そこでフレアパンツを合わせてすっきりシルエットを作ると、脚が長く見えてスタイルアップできます。

意識すべきは「トップスはゆるく、ボトムスはすっきり」のバランス。スキニーやテーパードなど、細身パンツでもOKです。

【3】「ベスト」を重ねてブラウスのボリュームをおしゃれに抑える

三つ目にご紹介する着痩せアイデアは、ボリュームブラウスの上にベストを重ねるテクニックです。物理的にボリュームを抑えるのはもちろん、ノースリーブ型のベストでIラインを作ることができるので、スッキリおしゃれに着痩せできます。

ビスチェを使って、ウエストをキュッとさせても素敵です。お好みのベストやビスチェを重ねてみてください。

【4】「カーディガンの肩掛け」で目線を上げるとバランスアップ

ボリュームブラウスはチュニック丈が多く、ウエスト位置や重心が下がって見えがち。そこで提案したいのが「カーディガンの肩掛け」です。アクセントカラーのカーディガンを肩に添えることで、視線が肩回りに集まり、重心をアップできます。

【5】「袖をまくって手首を見せる」だけでもスタイルアップ可能!

最後にご紹介するのは、袖をラフにまくって「手首を見せる」だけの簡単テクニック。体の中でも細い手首部分を見せることで、ボリューミーなブラウスとコントラストが生まれて、すっきりした抜け感をメイクできるんです。

簡単だけどその効果は絶大! ぜひダマされたと思って試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。