「フレンチシック」ってベーシックだけど新しい! 永久不変なおしゃれの楽しみ方

トレンドに流されない、それでいて新鮮に映る装いは、どの年代の女性にとっても憧れですよね。それが叶うのが「フレンチシック」なスタイリングです。

使っているアイテムは定番だけなのに、なぜかおしゃれに見える着こなし。しかしどうコーデすればそのスタイルが作れるのかわからない、と足踏みしている大人女子も多いのでは?

そこで今回は、「誰でも簡単にできる」をテーマにスタイリング技を解説します。アイテム選びやデザインのポイントをお伝えするので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

フレンチシックの作り方1:「ボーダー×デニムパンツ」の王道コーデ

フレンチシックなスタイルに初挑戦する方には「ボーダートップス×デニムパンツ」がイチ押しです。王道中の王道とも言える組み合わせなら、誰もが失敗なくコーディネートできますよ。

着こなしのポイントは、きれいめなワンウォッシュのデニムパンツにトップスINすること。このひと手間でカジュアルな中にきちんとした要素が加わり、おしゃれ度がUPします。

モデルさんのように、メガネなど小物使いにも気を配ってみてくださいね。

フレンチシックの作り方2:「定番ステンカラーコート」を主役にシンプルに

定番アイテムをシンプルに着こなすのもフレンチシックのコツ。ベーシックな「ステンカラーコート」を主役に、ホワイトカットソー×デニムパンツを合わせてミニマルにまとめてみましょう。

モデルさんの、ちょっとした小技をプラスするテクニックにも拍手! ブラックのカーディガンを肩掛けすることでポイントが生まれて、いっそう洗練されたコーデに仕上がっています。

フレンチシックの作り方3:「タートルネック」で上品さをプラス

フレンチシックなスタイルにおいて、アイコン的な存在となるのが「タートルネックのトップス」です。ジャケットやコートのインナーにフィット感のあるタートルネックを選べば、雰囲気があるバランスが作れますよ。

また、カジュアルなアイテム同士の着こなしであっても、どこか上品なエッセンスを加えるのがフレンチシックコーデのポイント。そのために色は多く使わず、「3色以内」にまとめるのが正解です。

フレンチシックの作り方4:「きちんと感のあるカーデ」でクラシックに

きちんとした印象のカーディガンを単品で着るのも、フレンチシックなスタイル作りにおすすめできる方法。サイズ感は、ゆる過ぎずタイト過ぎない「ジャストなもの」を選ぶのがポイントです。

合わせるボトムは、シンプルなストレートパンツやワイドパンツがおすすめ。クラシック感のあるバレエシューズやハンドバッグをプラスすれば完璧です。

The following two tabs change content below.

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。