ボーダーがオバさんコーデにならないコツ♪ 似合わないをオシャレに変える方法

ボーダー柄の服は定番である反面、「似合わない」「オバさんっぽくなる」とお悩みの大人は意外と多いもの。その理由は、カジュアルゆえにコーデが手抜きに見えることにあるのかもしれません。どうすればオシャレに着こなせるのか、#CBKモデルをお手本にチェックしてみましょう!

【1】「ジャンパースカート」「サロペット」を合わせる

まず大人がボーダーをオシャレに着こなすために、デニムパンツ合わせは避けた方が無難。というのも部屋着に見えて、生活感がにじみ出てしまう原因に。

シンプルなボーダー服には、お出かけ感のあるアイテムを合わせるのが吉です。「ジャンパースカート」や「サロペットパンツ」の中に仕込めば、今どきのレイヤードスタイルに決まります。

【2】「ジレ」や「ベスト」を羽織る

「ジレ」や「ベスト」を上に羽織ればボーダー服が旬顔に。手持ちのボーダートップスを大人ハンサムに着こなせますよ♪

アイテムの色味を揃えると統一感が生まれて、ボーダー柄もすんなりコーデに馴染みます。

【3】「デザイン性のあるボーダー服」を選ぶ

あらかじめオシャレなボーダー服を選んでおけば、一枚で即コーデが決まります。「パワーショルダー」「ボリューム袖」「ドロップショルダー」など今どきのデザインで取り入れると、ボーダーがぐっとトレンドライクに。さっと着るだけでサマになりオバさん見えを解消します。

【3】「ボーダー柄のポロニット」を着る

ボーダー柄を上品に着こなすなら、人気の「ポロニット」がイチ押し。ボーダー柄のツートン配色とアメリカントラッドなポロ襟が効いて、クラシカルなコーデを演出します。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。