スカーフを今っぽくおしゃれに見せたい! 2021春版おすすめの巻き方&コーデ集♪

薄着の春はスカーフが映える季節! パパっとつけるだけ……とはいえ、今っぽくおしゃれに見せるにはどうすればいいのでしょうか。

スカーフは「どんな巻き方にするか」「どんな風に合わせるか」がコーディネートのコツ。古臭く見えないように、しっかりチェックしておきましょう♪

今回は、2021春おすすめの「スカーフコーディネート」をご紹介します!

2021春は「ゆったりシンプルに結んだスカーフアレンジ」がおしゃれ

2021年の春は、スカーフをさりげなく使うコーディネートがおすすめ。

まずはコンパクトなバンダナサイズや長方形のスカーフをチョイス。スカーフの結び目をゆったりと結んで、ネックレスのようにサラリと垂らした巻き方がおしゃれ見えします。

スカーフの地色をトップスのカラーと揃えると、コーディネートの統一感がアップ。ニットやブラウスとスカーフの色味がしっくり馴染み、センスよくまとまります。

ワンピースには「柄スカーフ」を効かせてみる

ゆったりとしたワンピースは、スカーフがあるとおしゃれ感アップ。あえて作り込まず、かた結びしただけの巻き方に仕上げることでナチュラルなムードが加わります。

変化がつけにくいワンピースのアクセントとしてもスカーフはぴったり。柄スカーフを選べば、小さくても存在感がある差しアイテムになってくれます!

オーバーサイズなブラウスには「セーラーカラー風のスカーフ」を

オーバーサイズなブラウスには、スカーフを肩にかけるように添えてボリューム感をプラス。ブラウスとスカーフの量感が揃って、コーディネートのバランスが整います。

セーラーカラー風のスカーフアレンジが効いて、大人可愛い印象に。

大人っぽいパンツスタイルをスカーフでフェミニンな印象に

スカーフをササッと結ぶ「かた結び」は、エレガントなリボン結びや二重結びに比べてシンプルでナチュラルな雰囲気。さりげないので、普段のコーディネートにも気軽に使えます。

例えば大人っぽいパンツスタイルにかた結びスカーフをプラスすれば、ほんのりフェミニンな印象に仕上がりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。