「ベルト」は何色を持っておくのが正解? 一生使える【ベルト選びの基礎知識】を伝授!

おしゃれさんのファッションを見てみるとコーデはもちろん、「ベルト使い」も完璧にマスターしています。とはいえ、ベルトのラインナップは幅・素材・カラーなど実に豊富。どんなコーデにも合わせやすいのはどれ?と迷っているうちに、結局買わずに帰るなんてことも……。

そこで今回は、トレンドに左右されないベルトの選び方を解説! #CBKモデルのおしゃれなベルトコーデも併せてチェックしていきましょう。

最初に:持っておきたいベルトは?

ベルトに初挑戦する! そんな人が持っておきたいのは「ブラウン・ホワイト・ブラック」の3本です。さらに幅が3cmくらいの太すぎないタイプを選ぶと、コーデにすんなり馴染みますよ。

素材は、表面がなめらかな「レザー」がどんなスタイルにも合わせやすくて優秀。きちんと感を出したいときに重宝するのが「型押し」のものです。

次の章からは、ベルトの色別にぴったり合うコーデをご紹介します。

ブラウン系のベルト:コーデのアクセントに!

「ブラウン系のベルト」はコーデのアクセントにぴったり! スナップではグレートップス×ネイビーパンツの落ち着いた配色に、明るめなブラウンベルトを投入。ブラックではなく、あえてブラウンを持ってくることで「この人なんだかオシャレ♡」って印象を与えられるんです。

そのほか、ブラック×カーキのハンサムなコーデにもブラウンベルトは相性バツグン! 上品な細ベルトなら、女っぽいムード漂う大人スタイルに仕上がります。

ホワイトのベルト:きちんと感を生む!

きれいめコーデにベルトを使うなら「ホワイト」で決まり! 淡いベージュ系でも代用可能ですよ。

スナップでは、ホワイトブラウスにパープルのパンツを合わせてきれいめに。それだけでも充分に素敵だけれど、ホワイトベルトを加えたことで、きちんと感とメリハリが同時に強調できています。トップスとベルトの色味を揃えれば、上半身までシャープに見えますよ。

ブラックのベルト:コーデの引き締めを果たす!

最後にご紹介する「ブラックベルト」は、ぼんやりスタイルの引き締めにうってつけ! スナップのようなグレー&ブラックのグラデーションスタイルも、ブラックベルトを足すことでグッと引き締まった印象に。

ベルトの中でもブラックは唐突感が出やすい色味ではありますが、細めのタイプなら浮くことなくコーデに馴染みます。ぜひ試してみてくださいね♡

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。