初夏の「ブルー」楽しみかた講座。着こなしの正解は?【2021版】

2021年も初夏に突入! このシーズンになるとやっぱり着たくなるのは、爽やか度MAXな「ブルー」のアイテム。しかも今季のトレンドカラーでもあるので、積極的に挑戦したいところです。今年らしく着こなすには、どんなスタイリングがいいのでしょう?

そこで今回は初夏の「ブルー」の楽しみ方を、コーデを交えてレクチャーします。ぜひこれからのおしゃれ計画に取り入れてみてくださいね♡

【初夏のブルー:その1】甘めワンピースは、抜け小物で引き算を

今シーズン大注目されている「甘いディテールのワンピース」は、ブルーを選ぶことで爽やかさを感じられるのがポイント。しかし小物合わせで印象が大きく変わるため、バッグやシューズを慎重に選びたいアイテムでもあります。

決まりすぎない今っぽさを出すなら、「カジュアル度の高いベージュ小物」を投入するのがおすすめ! 例えばビーチサンダルとこなれたデザインのバッグで、ワンピの甘さをコントロールするとGOODバランスに昇格します。

【初夏のブルー:その2】マキシスカートは、モノトーンで締める

すっかり定番となった「マキシスカート」を新鮮な気持ちで楽しむなら、断然ブルーがおすすめ。インパクトのあるアイテムだからこそ、スカートをメインに見せるアイテム選びと、カラー合わせがコーデの鍵に。

スナップのようにプレーンな白Tシャツ×黒カーディガン、黒サンダルを合わせるとブルーがより引き立ちます。加えて、全体の印象がキリッと引き締まるメリットもあり!

【初夏のブルー:その3】ブラウスは、グレーデニムパンツで洗練感を上げる

きれいめな印象の「ブルーブラウス」は、ボトムにきちんと感あるスカートを選ぶとコンサバに決まりすぎてしまいます。コーデのポイントは、ブラウスの持つ優等生感をちょっと崩してあげること!

そこで登場させたいのが「グレーデニムのパンツ」です。ブルーデニムではなく、あえてグレーにすることで、おしゃれ度も洗練度も高いスタイルに決まるんです。さらに、白小物で初夏らしい軽さを出したモデルさんの着こなしもマネしたいテクニック。

【初夏のブルー:その4】シャツワンピースは、小物でナチュラルに見せて

好感度バツグンな「ブルーのシャツワンピース」は初夏のマストアイテム。少しゆとりのあるサイジングを選べば、涼しさもあか抜け度も手に入れられます。

コーデの仕上がりを左右する小物選びは、ナチュラル感を意識するのがおすすめ。「ベージュのカゴバッグ」でこの季節ならではの空気感を足すと、素敵な仕上がりに決まりますよ。

The following two tabs change content below.

naco

セレクトショップ販売員などを13年以上経験し、近年はファッションライターとして活動。シンプルなスタイルの中に、少しエッジを効かせるのが好みの36歳。「おしゃれは自分を高めるための最高の武器」だと思っています。素敵なファッションライフのお役に立てたら幸いです。カラーコーディネーター/フォーマルスペシャリスト資格保持。