大人になった今こそ「パープルの服」がイイ! 簡単だけどオシャレな4の着こなし方

高貴なカラーと言われている「パープル」。大人になった今こそ挑戦したい色です。とはいえ迫力が出やすい一面もあるため、どう着ればいいかと悩むこともしばしば。

そこで今回は、簡単なのにオシャレに見せられる着こなし方をご紹介します。パープルの服を普段あまり着ない人でも気軽にチャレンジできるものばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

パープルの着こなし方1:顔から遠い「ボトム」からチャレンジ!

インパクトの強いカラーであるパープル。まずはスナップのように顔から遠い「ボトム」からチャレンジするのが正解です!

実は、似合うか似合わないかに影響が出やすいのがトップスやストールなど顔まわりに近いアイテム。トップスだけでも似合うカラーを選ぶと、オシャレがうまくいきますよ。

パープルの着こなし方2:色が見える面積を減らす!

パープルはパッと目を惹く色だけに、相手に与える印象が強いもの。見える色の割合が多いほど影響も強くなるので、面積を減らすのも一つの手です。レイヤードでのチラ見せやアクセントカラーとして使ってみましょう。

パープルのワンピースにニットベストを重ねると、季節の変わり目に重宝するスタイルが完成します♡

パープルの着こなし方3:「ベージュ・ブラウン」となら優しく見える

パープルは高貴な印象があるからこそ、どうしてもお堅い印象になりがち。そんなときは、ベージュやブラウンなど茶系カラーを投入してみてください。

スナップのようなベージュのオーバーサイズシャツとなら、パープルパンツの強さが程よく中和。コーデが優しくマイルドな雰囲気に仕上がります。

パープルの着こなし方4:「深みのある寒色系」で上品に

パープルを大人っぽく取り入れたいなら、「深みのある寒色系」と合わせるのがおすすめ。モデルさん着用ボトムのようなダークグリーンや、きちんと見えする上品なネイビーと相性バツグンです。こっくりとした秋色とのコンビが、大人の魅力をさらに引き立ててくれますよ♡

The following two tabs change content below.

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。