40代50代の「ダウン」どう着こなす? 自然体おしゃれさんの大人ダウンコーデ♪

冷え込む日に頼れる服といえば、やっぱり「ダウン」ですよね。暖かくて軽い冬の最強アウターではあるものの、大人世代が着るとスタイリングがラフになってしまいがちに。

そこで今回は、40代50代にぴったりなダウンコーデをご紹介。カジュアルでもセレブでもない、自然体でおしゃれな着こなし方をチェックしていきましょう!

今シーズン人気のダウンは?

まずは人気のデザインからご紹介。今シーズンは「高めのスタンドカラー」「ボリューミーなフード付き」のダウンジャケットに注目が集まっています。ファスナーを上げてしまえば、マフラーなしでも首元から冷たい風が入り込まず着心地は暖か。

さらに、襟にボリュームがあることで小顔見え効果もアリ! シンプルなパンツとスニーカーを合わせるだけで冬のコーデがサマになるのもいいところです。

シンプルな黒のダウンジャケットには、旬の「色・柄スカート」を投入

ここからはダウンの色ごとに40代50代にぴったりな着こなし方をご紹介。

シンプルな黒のダウンジャケットはベーシックゆえに装いが無難になりがち。しかし、色や柄の旬スカートをプラスすれば定番アウターがおしゃれにシフト。トレンド感が加わり、コーデがお出かけモードに決まります。

スポーティな「白のダウンジャケット」で若見えコーデ

フェミニンなデザインのダウンジャケットを着たら、若作り感あるコーデになってしまった……。そんなお悩みも増える40代50代。そこでおすすめしたいのが「白のダウンジャケット」です。レフ板効果のある白が肌色をトーンアップして顔映りを明るく。さらにスポーティなデザインを選ぶことで、爽やかな若見えコーデが実現します。

上品で着ぶくれ感なし! 「ベージュ・ブラウン×ひざ丈」のダウンコート

着ぶくれの心配があるこのアウターをすっきり着こなしたいなら、「ひざ丈」のダウンをチョイスするのが正解。丸みがあるシルエットのジャケット丈ダウンに比べ、真っすぐなラインを強調するので膨脹感が軽減されます。

ベージュやブラウン系カラーで取り入れれば、しっとりと柔らかいムードを演出。ダウンアウター独特のスポーツ感が抑えられて、上品な雰囲気に決まりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。