【40代50代】裾出しが似合うトップスは? インしなくてもサマになるトップスの選び方

40代50代の服装で悩ましいのが【トップスの裾をどうするか問題】ではないでしょうか。インして着こなすほうがきれいめに決まるけど、「やり方が難しい」「お腹まわりが目立ちそう」など、大人にとってハードルが高めです。

あらかじめウエストアウトが似合うトップスを選べば、お困りごとが一気に解消! 裾出しの着こなしがサマになるのは、どんなトップスなのでしょうか?

今回は#CBKの人気モデル・48歳「kyokoさん」のスナップを参考に、お手本コーデをご紹介します。

ハリ感のあるシャツ|ウエストアウトしてもナチュラルに決まる

40代50代の女性にイチ押しなのが「ハリ感のあるシャツ」。着たときのシルエットが立体的になるので、ウエストアウトの着こなしがダラしなく見えず、ナチュラルに決まります。

程よくゆとりがあるものを選べば、大人っぽくリラクシーなムードを演出してくれますよ。

ショート丈のトップス|自然体できれいめな着こなしに

「ショート丈のブラウス」ならウエストアウトの着こなしがぐっと自然体に。上半身がコンパクトにまとまるので、きれいめに着こなせます。

明るい色味ならさらに効果的。きれい色と短い丈感の合わせ技でコーデが若見えしますよ♪

Aラインのブラウス|ウエストインしないほうがおしゃれ

「ギャザー」や「ティアード」のブラウスは裾が広がっているので、むしろウエストインしない方がおしゃれ。Aラインのシルエットなのでお腹まわりの体型カバーにも最適です。

ウエストマークのあるブラウス|そのままでもメリハリを強調

ウエストマークのあるブラウスは裾出しして着こなすのが正解。「ウエストリボン」や「ウエストベルト」が付いたブラウスなら、裾を入れ込まなくてもコーデにメリハリが加わります。

kyokoさんのスナップをチェック>>

→ 50代の人気記事がわかる! 【50代の記事ランキング】はこちら♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。