「パンツのブーツイン」を古臭く見せない! 今っぽくおしゃれなスキニーのブーツイン術

ここのところ人気が再燃している「ロングブーツ」。無難なのはスカートやワンピースとの組み合わせですが、パンツのコーデにもチャレンジしてみませんか?

今回ご紹介するのは、シンプルな「パンツのブーツインスタイル」。古臭く見えない、おしゃれに履く方法をチェックしていきましょう!

パンツの「ブーツイン」、どう着こなせばいい?

「ブーツイン」とは、パンツをブーツに入れ込む着こなし方。ファッション誌やSNSでは、ゆるっとしたパンツをブーツインするコーデが見受けられますが、実は難易度が高めです。パンツの布がブーツの履き口でダボッと余るため、かえって野暮ったく見えてしまうかも。

おすすめなのが、「筒まわりが真っすぐのロングブーツ」と「ぴったりめなスキニーパンツ」の組み合わせ。これならテクニック不要で失敗ナシです。さらにオーバーサイズのトップスに合わせると、ブーツインの装いがバランスよく整います。

パンツとロングブーツを「黒」で揃えてスタイルアップ!

シンプル派さんにはパンツとブーツを「黒」で揃えるコーデがおすすめ。同色でまとめることでパンツとロングブーツが繋がり、さりげないスタイリングに決まります。装いが一体化して見えるため脚長の効果も。自然体で着こなせる上にスタイルアップも狙えそうです。

デニムパンツのブーツインは、トップスで今っぽさを出す!

ブーツインといえば、王道なのは「インディゴカラーのデニムパンツ」との組み合わせ。トップスに旬を取り入れてアップデートすると、時代遅れにならず今っぽく着こなせます。

イチ押しなのが、デザインがおしゃれなフレアシルエットのトップス。体のラインが出ないニットやアウターならギャル見えの心配もなし。古臭さのないシンプルなコーデに決まります。

ホワイトパンツには、落ち着いた「ブラウン」のブーツを

ブーツインの中でも、ホワイトパンツとの組み合わせはハードルが高め。ブーツはキツくなりがちな黒色より、ブラウンカラーで取り入れるのがおすすめです。ブラウンのやわらかな色のおかげで白いパンツが落ち着き、スタイリングにすっと馴染んでくれます。

トップスをベージュ~ライトブラウンでまとめれば、系統カラーで作る上級者コーデが完成。大人っぽくて洗練されたパンツスタイルを楽しめますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。