大人の女は“ネイビー”を着る♡ 出会いの春に“好感度コーデ”で新生活をスタートしよう♪

最終更新日: 2023/07/06
※本サイトの情報は作成(更新)日時点のものです。最新の情報とは異なる場合があります。 / 本サイトのリンクより商品を購入した場合、売り上げの一部が#CBK magazineへ還元されることがあります。

ネイビーは品性や知性、信頼をイメージさせる色。
清楚で都会的なオーラを感じさせるため、“大人の女性”を演出することができます。 
日本人の肌に馴染みやすく、奥深い色なので、ネイビーを着こなすだけでとてもおしゃれなコーディネートが完成します。
ネイビーアイテムを上手に取り入れて、この春は知的な女性を目指してみてはいかがでしょうか? 

「ネイビー×白」で大人っぽく上品に

ネイビーと白を合わせると、クラシックで“大人っぽく上品”な印象になります。 
オフィススタイルやデートスタイルなど幅広く使えるのもこの組み合わせ。
ふんわりしたスカートも、ネイビーの引き締め効果により膨張せずきちんと感を出せます。

「ネイビー×オレンジ」で華やかに

オレンジはネイビー(青)の補色です。補色とは、色として対照的で、お互いを引き立て合う関係を言います。
このため、ネイビーのコーディネートにオレンジがプラスされると華やかな印象を出すことができます。
うまく彩りを盛り込みながら、コントラストを楽しむのもいいですね♪

「ネイビー×ボーダー」で上品マリンコーデ

オールシーズン大活躍のボーダートップス。
この春はネイビーカーデをプラスして“上品マリンコーデ”に注目です。
季節の変わり目なので、カーデは寒いときには羽織って、暖かいときには肩に掛けたり腰に巻いたりして、コーディネートをアレンジするのもポイント。
ネイビーで大人めに仕上がっているので、小物はあえて色を抑え、アクセサリーもごちゃごちゃせずにシンプルを意識するのがおすすめです。

「ネイビー×寒色系」でまとまり感を

ブルー系のひんやりさわやかな印象の寒色。ネイビーは寒色グループなので、同じ色味でコーディネートを揃えると、まとまりを出すことができます。
ネイビーをうまく着こなせない人は、寒色を意識してコーディネートを考えると取り入れやすいかもしれません。

「ネイビー×ネイビー」で上品な大人の印象に

全身ネイビーで合わせると、統一感が出て“上品な大人の女性”を感じさせます。
白い衿とミモレ丈スカートがポイント。クラシックな印象になりますね。
パールやビジューアクセサリーを合わせれば、パーティースタイルにもぴったりなコーディネートの完成です。 

ライター: CHISATO

ランキング

  1. 【冬ディズニーコーデ21選】暖かくておしゃれ! 大人のための冬ディズニーの服装♪
  2. 【冬のUSJコーデ25選】寒いパークを快適に過ごす! 大人のためのユニバの服装
  3. ホテルの忘年会、服装どうする? 30代大人女子にぴったりなコンサバ&きれいめ系・会社の忘年会コーデ19選♪
  4. もこもこ袖のゆるニット、アウターには何を着る? 人気のボリュームニットに最適なコート&ジャケットコーデ18選♪
  5. Vネックセーターの下って何を着ればいい? 白のロングTで下着を見せない重ね着コーデ15選♪
  6. 【50代の髪型】パーマなのにオバさんぽくない! こなれヘアスタイル特集【ショート・ボブ・セミロング】
  7. ハーフジップ、アウター何着る? 上に着る「おすすめの羽織りもの」特集
  8. 40代・50代もジーンズをおしゃれに着こなせる! 若作り感のない大人のデニムコーデ25選♪
  9. 冬の”斜め掛けバッグ問題”を解決! 「アウターを羽織るときの掛け方」ベストアンサー
  10. 50代、秋冬のワイドパンツに合うトップスは? コーデがうまくいく「ベストな組み合わせ」
  11. ダウンのとき、バッグどうする? オシャレでモタつかないおすすめバッグ特集
  12. ハーフジップの中に何着る? コーデがうまくいく「ベストなインナー」
  13. 「パンタロン」、最近の言い方は?【40代50代おしゃれの疑問をこっそり解決!】
  14. 【40代50代】いま着る服、何を買えばいいかわからない人に! おすすめアイテム(12/2号)
  15. 冬の50代女子旅♪ 防寒しながらおしゃれを楽しむ旅行コーデ7選
  16. ジャンパースカートに合うアウターは何? 相性のいい組み合わせを大公開!
  17. 50代、明日のコーデはこれがオシャレ♪ 服を選ぶのがめんどくさい人のためのお手本コーデ【12月2日冬】
  18. 【40代50代のコーデ・ファッション】人気の記事ランキング
  19. クロップド丈ニットのインナー、なに着る? お腹を出さないコーデのコツ
  20. 毎年つかえるダウンの色! 迷ったときの選び方