後ろ姿もオシャレに決めよう♪ 楽々リュックサックで作る大人のスポーツMIXコーデ

春の行楽シーズン、お出かけの予定がある方も多いのではないでしょうか? テーマパークやピクニックなど、多くの荷物を抱えながら、たくさん動き回るスポットへ行く機会も増えますよね? 小さいお子さんのいるママは、特に大変です。
そんなときには、“リュックサックを使ったスポーティなコーディネート”がおすすめなんです♪
ポケットもついているリュックは、たくさんの荷物を整理しながらしまうことができて、両手も自由にできちゃう超便利アイテム◎ スニーカーやパンツと合わせてスポーティにコーデすれば、動きやすさもアップします!
一方で「リュックを背負うコーデは子供っぽくなりそう…」と感じている方も多いのでは?
今回はそんな方におすすめしたい、“リュックサックを使った大人のスポーツMIXコーデ”を7つご紹介します。

トレンドの“デニムonデニム”で、シンプルコーディネート

今季大ブームとなっているデニム。中でもモデルさんが着ているような「ほとんど加工していない濃いインディゴを残した“生デニム”」は、きれいめにも着こなせるのが特徴です。
“デニムonデニム”に、無地の白Tシャツを合わせてシンプルにコーデすれば、大人カジュアルスタイルに◎
大きめなホワイトのリュックが、爽やかな“抜け感”を演出しています♪
パンツは“くるぶし丈”をチョイスして裾をだぼっとさせないのが、今年っぽく着こなすポイントです。

オフショルダーのブラウスで、サロペットコーデをフェミニンに♪

サロペットやリュックといった子供っぽくなりがちなアイテムを、フェミニンに格上げした上級コーディネート。
ポイントは“オフショルダーのブラウス”と“カラー”です。
白のブラウスが、サロペットに女性らしさをプラス♪ 肩の露出が気になるオフショルダーも、サロペットと合わせれば、肩ひもがオシャレにカバーしてくれますよ。
“カーキ色”のアイテムは、取り入れるだけで今年トレンドの“ソフトミリタリーコーデ”が作れます。他のアイテムを全て“ホワイトで統一”して、春らしくコーデするのが◎
レザー風のリュックは、大人っぽく着こなせるのでおすすめです。

リュックをアクセントに♪ きれいめカジュアルコーディネート

トレンチコート、ジーンズ、ボーダーといったベーシックなアイテムを使ったコーディネートも、バッグをリュックにするだけで、“スポーツMIXコーデ”が作れます。
モデルさんのように、主張のあるリュックを選ぶと、周りに差をつけるオシャレさんになれちゃいます♪
“巾着タイプ”は今年のトレンド。ほど良くスポーティさが抑えられるので、きれいめカジュアルにもマッチしますよ◎
パンプスにソックスを合わせるオシャレテクも、参考になります。

定番の黒リュックも配色次第でアクセント使いできちゃうんです♪ こちらは淡い色でまとめた清潔感のあるコーデ。そこに投入したシンプルな黒リュックが、引き締まった印象に仕上げてくれます。

チュールスカートで、甘辛MIXコーディネート♪

ふんわりとしたチュールスカートがガーリーな印象の甘辛MIXコーディネート。
ラベンダーのニットが春らしさをプラスしていますね♪
ガーリーなコーデは、あえて“ブラックのリュックと生デニムのGジャンで引き締める”のが、大人っぽく着こなすポイントです!
足元はホワイトのスニーカーで軽やかさを出すのが◎
ソックスを合わせてカジュアル感とトレンド感を演出するとオシャレ度がアップしますよ。

さらにこなえ見えを狙うなら、取り入れるフェミニンアイテムを一点に絞ってみて! キリッとしたハンサムコーデを少しだけ外した感じが、おしゃれ上級者を思わせます。ダブルアウターには、グレーのリュックで重さの引き算を。

白シャツで“こなれ感”のある都会的なモノトーンコーデに

小物をブラックで統一した、都会的な雰囲気のモノトーンコーディネート。
ビッグシルエットの白シャツは、ボタンを多めにあけて袖をロールアップすれば、“こなれ感”のある女性らしい着こなしになります◎
パンツも、裾をロールアップして足首を見せることで、着やせ効果が期待できますよ◎
ハットでコーディネートをセレブ風に仕上げるオシャレテクは、ぜひ真似したいです♪

2017年9月17日 watabe 更新

The following two tabs change content below.

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。