日本人の肌になじむ? カーキ色を取り入れたコーデのススメ♡

一見合わせるのが難しそうに見えて、実は何にでも合わせやすいカーキ色。黒のようなメリハリはありませんが、カジュアルダウンしたいときや、甘辛ミックスにぴったりな色なんです。アースカラーは日本人の肌にとってもなじみやすい色でもありますよね。
今回はカーキを取り入れたおすすめコーデを紹介しちゃいます!

1.ジャケットでカーキを取り入れる

「黒だと重くなりすぎるな」というときにおすすめです。ちょっとハードなコーデにも、カーキをプラスするとかわいらしく着こなせます。ミニタリーっぽい印象になるので、キメすぎないカジュアル感を楽しめます。

2.ボトムにカーキを取り入れる

アースカラーは落ち着いたコーデに持ってこいの色ですよね。
カーキを取り入れるとそれだけで ”大人カジュアル” な雰囲気に。カジュアルダウンしながらも、ほどよく上品な着こなしができるんです。

3.トップスにカーキを取り入れる

甘めのデザインのアイテムでも色をカーキにすると、甘さを抑えてくれるので上品な甘辛ミックスの着こなしになります。肌馴染みのいいカーキは、顔に近いトップスでも大活躍してくれます。

4.カーキのオールインワン

カーキには、黒やデニムにはない柔らかな印象があります。
程よいカジュアル感がヘビロテまちがいなしです。

5.カモフラージュでカーキを取り入れる

カジュアル×ミニタリーの定番、カモフラージュ柄。
”カーキ=オリーブ色” というイメージがありますが、実はベージュも ”カーキ色”。カーキ本来は土埃色を指す言葉なので、アースカラー全般を ”カーキ” といいます。カモフラージュはまさにカーキ尽くしの柄ですね。

カーキ色だと、女性らしいデザインの服は甘さを抑えてくれて、ハードなデザインの服はカジュアルダウンしてくれます。
色一つでうまくバランスを調整してくれるのが嬉しいですね。
ぜひ、カーキを取り入れて上品な「大人女子コーデ」を楽しんでみてください。

ライター:たぐちやえこ

The following two tabs change content below.

たぐち やえこ

元靴ショップ店員。洋服や靴が好きで、靴とセットのコーディネイトを提案していました。背が低いのがコンプレックスなので”自分らしい着こなし”を考えながらファッション誌をチェックするうちに友達や周りの人にコーディネイトを頼まれるようになり、ファッション関係の職業に就職。カジュアルで自分らしいスタイルが好きやシンプルなコーディネイトが好き。現在は書店員をしながら、ライターとして活動中。