真似したい! おしゃれ上級者にならう差し色バッグの使い方

いつもと同じような服装にマンネリを感じている人はいませんか? そんな時に、いつもと違う印象を与えてくれるのが、「差し色」アイテムです♪
今回は、バッグを使った差し色コーデをイメージ別にご紹介しちゃいます! これであなたも、脱マンネリして、もっとおしゃれを楽しんじゃいましょう♪
 

【イエロー】アクティブ・元気なイメージに

イエローを差し色にすることで、元気なイメージをプラスすることができます。ビタミンカラーとしても知られるイエローは、アクティブ・快活なイメージなので、ぜひ一つは持っておきたいアイテムです。
間違っても斜めがけにはしないでくださいね! 元気を通り越して、幼いアイテムになってしまいます! 

【レッド】大人ガーリーなイメージに

真っ赤なルージュがレディな印象になるように、バッグでレッドを差し色にすると、とっても大人ガーリーな印象になります。コーディネートを選ばないレッドは、マニッシュな印象にもガーリーな印象にもなれちゃうスグレモノです♪

あえてボーイッシュな服装にマッチさせることで、大人の色気を感じさせられます。

【ライトブルー】爽やかなイメージに

青が持つ爽やかな印象はそのままに、より肌なじみがよく、取り入れやすいのがライトブルーです。デニムやブラウスなどの服装にも合わせやすく、涼しげな印象を与えるので、暑い季節にはぴったりです♪
キルティングやエナメルなど、素材の質感でもぐっと印象が変わるので、いろんな表情を楽しんでみてください。 

【グリーン】清潔感アップなイメージに

森林色であるグリーンを取り入れると、それだけで清潔感がアップして、穏やかな印象に見られます。自分でもちょっと疲れてるなと思ったときなどは、ぜひグリーンをプラスしてみてください。グリーンには癒しの効果もあるそうです♪ 
色味を少し変えれば、ポップで元気な印象にもなります。 

【ピンク】スイートガールなイメージに

ガーリーカラーの定番といえばピンクですよね。シンプルな装いでも、ピンクのバッグを持つだけでスイートな印象になれちゃいます。小ぶりのバッグを選ぶことで、主張しすぎず、可愛らしいイメージになれます♪
ピンクの小物を持つときには、あえて落ち着いたコーディネートをすることで、バランスを取りやすくなります。 

【ゴールド】コンサバなイメージに

実は何にでも合う優秀なカラーがゴールドです。きれいなお姉さんをイメージさせるゴールドを、差し色で使うことで、シンプルな装いをゴージャスにできます♪ 

【シルバー】スタイリッシュなイメージに

メタリックなカラーとして、スタイリッシュに決めることができるのがシルバーです。どんなコーデにも合わせやすいので、持っておくと便利です♪
シンプル爽やかなコーデをワンランクアップさせたいなら、シルバーがおすすめです。 

ライター Catherine

The following two tabs change content below.

Catherine

アパレル通販サイトの運営・コラム執筆を通じて、ファッションについて学んできました。ファッション系通販での電話でのコーデ相談なども行い、webを通じても悩みにこたえられるようなライターになれるよう研究しています。