世界で一番着られているジーンズ。/ファッションイラスト講師のワードローブ

皆さんは、ジーンズはお好きですか?
わたしは昔からブルージーンズが大好きです。
わたしにとってジーンズは、”きちんとした格好をしなければいけないとき”以外は、とりあえず着ることができる便利なアイテムです。
ブルージーンズの一番の魅力は、いろいろなアイテムに合わせやすいことではないでしょうか。

he7r216b2lwybfvpwrxx[1]

シンプルなカットソーやニット、アウターにジャケットなどを着ても似合うジーンズは、世界中で一番着られているアイテムだと思います。
どこの国のどんな年齢の人にも、男の人にも女の人にも着られているなんて、そんなボトムアイテムは他にはありません。
ジーンズはコーディネートによってきれいめにもカジュアルにも着られる、本当の定番アイテムです。

mdbnsubxqidu48yfg1ur[1]

スリムなジーンズはボリュームのあるトップスを引き締め、コーディネートをスタイリッシュに見せることができますし、ルーズなジーンズはリラックス感のあるコーディネートになり、ニュアンスの幅がとても広いアイテムです。

わたしは今40代なのですが、若い頃はリーバイスの501ばかり着ていました。
リーバイスの501はストレート型のジーンズで、メリハリのある女性らしい体型の人にはあまり似合わず、中性的な体系の人に似合うようなジーンズでした。
ビンテージの服が好きだったこともあり、”501の赤耳”というジーンズを特に大事に履いていました。
今思えばあまりきれいなコーディネートではなかったと思うのですが、その時の自分はとにかくそれがかっこいい!と思っていたのです。

ビンテージのお話は、また機会があればどこかで触れていきたいと思います。

時の流れとともにファッションや体型が変化していき、今ではストレートではなく、ボーイフレンドジーンズをよく履くようになりました。

DSC02645

メーカーは、なんとなくやっぱりリーバイスです。
今は国内産のブランドジーンズ、特に岡山県の倉敷で生産されているジーンズなどが有名ですね。履いてみたことがないので、一度チャレンジしてみたいと思います。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。