ポイントは「手首と足首」! 重見えしがちな”ブラックコーデ”の攻略法

街でもたまに見かけることのあるブラックコーデ。
「あの人はおしゃれなのに、私がやると垢抜けないのはなぜ?」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ブラックのおしゃれな着こなしには秘密があったんです。
今回は知ってる人はやっている”ブラックコーデ”攻略法をご紹介します♪

ブラックコーデなら手首と足首を見せる!

フリルの付いたトップスが印象的な、素敵なブラックコーデですね。
ポイントは手首を出すことです。そして足首もしっかり出しています。ブラックコーデの際には手首・足首をのぞかせるのがとっても大事。
重くならずに、華奢な雰囲気も演出することができます。

腕時計やブレスレットは”華奢見せ”に一役買うアイテム

ブラックコーデの際は手首と足首を露出するのが基本です。パンツは、7~9分丈をチョイスするようにしましょう。
ブレスレットなどで華奢見せするのも一つのテクニックです。メンズライクな大きめ文字盤の腕時計も、ブレスレットと重ね付けすると女性らしい雰囲気になります。

レース素材のトップスなら、ドレスアップできてブラックコーデも重くならない

こちらはトップスを透け感のあるレースのものにすることで、重さをなくしているコーディネート!
シューズは素足で履いて、足の甲を思い切り露出しています。
シンプルながらもドレスアップスタイルとして通用する着こなしは、ぜひ真似したいものですね。

いかがだったでしょうか。
「手首・足首を潔く出す!」のがブラックコーデの攻略法。
ブラックのアイテムを買い足す際の参考にしてみてくださいね♪

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。