ジャージー素材でオフに切り替え♪ だらしなくないきれいめコーデ

仕事が休みのときやリラックスしたいときは、ラクチンで着心地のよい服がいいですよね。
シワにならずに伸縮性があるジャージー素材は、体を締めつけずにゆったりした時間を過ごすことができます。
ジャージー素材はラフすぎて外出着には向かないのは? という印象をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。
今回は、「着ていてだらしなくならないジャージー素材のアイテム」をご紹介します。

ミモレ丈ボーダースカートに白ノースリーブを合わせた、シンプルベーシックコーデ♪


ノースリーブの白タンクトップにボーダーのスカート、シルバーサンダルのコーデです。
ジャージー素材のスカートは座ってもシワにならず、動きやすくて快適なアイテムです♪
スカートが短めなミモレ丈なので、トップスは逆にコンパクトにまとめることで、全体のバランスが取りやすくなります。
シルバーカラーのサンダルが大人っぽいアクセントになり、ベーシックでシンプルなコーデのスパイスになっていますね♪

大人きれいめなマキシワンピースは、背が低い方にもおすすめ♪


グレーのマキシワンピのインナーに白のTシャツを合わせた、シンプルなコーデです。
マキシワンピはすとんとした縦長のシルエットで、全体のバランスがとりにくいアイテムのひとつです。
こちらのスナップのマキシワンピはウエストにギャザーが入っているので、縦長シルエットにメリハリがつき、身長がない方でも比較的合わせやすくておすすめのデザインです♪
ジャージー素材のギャザーはふんわりしているので、女性らしい優しいニュアンスが表現できるのもポイントですね♪

オーバーサイズのTシャツ×ボーダーパキンスのゆるコーデ♪ 腰巻シャツでちょい隠し♪


黄色のロゴTシャツ、ボーダーのパキンス、腰巻したシャツのコーデです。
パキンスは伸縮性があって着心地のよいアイテムですが、腰のラインが出てしまうのが気になりますよね。
腰巻シャツなら気になるラインを自然にカバーし、さらにコーデのアクセントにもなってくれます。
こちらのスナップではグリーンのチェックシャツを腰巻していますが、デニムシャツなども使うのもいいですね♪
パキンスがピタッとしているので、トップスはオーバーサイズのTシャツを合わせ、バランスのいいゆるコーデです。

がんばりすぎないカーキのオールインワン♪ シンプルな自然体で着るコーデ♪


カーキのオールインワンと、黒サンダルのコーデです。
”カーキ”も”オールインワン”も今のトレンドですが、スタイリッシュすぎずにナチュラルに着こなしていますね。
あえてアクセサリーをつけずにシンプルに着こなすことで、トレンドアイテムでも自然体でシンプルに着ることができます。
全身ジャージー素材ですが、カッティングが美しいのでゆるくなりすぎず、きれいめニュアンスが漂う大人の休日スタイルですね。

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。