カーディガンは小物として使い倒したい♪ すぐに使えるアレンジ方法まとめ

真夏の冷房対策や、春夏の重ね着としてオールシーズン引っ張りだこなカーディガン。
あなたはそのカーディガンをどこまで活用できていますか?
カーディガンは何も、着るだけのものではありません。軽く羽織ったりしてストールの代わり、腰に巻いてベルトの代わりにも使える万能なアイテムがカーディガン。
今回はそんなカーディガンのアレンジをご紹介します。
似合わないと感じてタンスで眠っている手持ちのカーディガンも、復活しちゃうかもしれません♪

一粒で二度美味しい、ホワイトTシャツ×肩かけカーディガンスタイル

デニムとホワイトTシャツのシンプルコーデに、カーディガンで差し色をきかせたスタイル。
このような形でカーディガンを肩にかけると、背中全面にカラーが出るので、後ろ姿がとてもきれいになります。
この羽織り方だと、正面から見たイメージと、後ろから見たイメージが大きく違うので、一粒で二度おいしい着こなしといえるでしょう。
もちろん、出先で気分を変えたくなったら、すぐに羽織り方を変えることができるのが便利!

ボーダー柄のカーディガンをストール代わりに活用


肩からカーディガンの袖を垂らし、前で交差したスタイルですね(「プロデューサー巻き」とも言われています)。
このようなスタイルは、ストール代わりにカーディガンを使った例と言えるでしょう。
最近では「カーディガンを巻いている風」のトップスも売られていますので、気軽に試したい人にはいいかもしれません。
筆者としては本物のカーディガンを使ったほうが、さまざまなアレンジが効く分おすすめです。

目線を上に集めてスタイルアップ! カーディガンをセンターからややずらして巻く

アースカラーのオールインワンは、差し色や差しアイテムがないと野暮ったく見えてしまうことも。
ですが、スナップではボーダーのカーディガンを上手くつかって、危険を回避!
単にプロデューサー巻をするだけではなく、ややセンターからずらしているのがポイント。
これで巻き方に変化を出しているんですね。
高めのヒールサンダルでスタイルアップしているようですが、カーディガンを巻くことでも人の目線を上に集め、さらに縦長効果が。

ウエストマークにも使えるカーディガン

カーディガンはストールの代わりになるだけでなく、ベルト代わりにも使えます。
特に、ウエストの絞りのないデザインのワンピースやオールインワンなどでは大活躍!
スナップのファッショニスタは、カーディガンではありませんが、デニムシャツをベルト代わりにウエストマーク。
トレンドのデニムシャツを、あえて小物として活用した、真似したいスタイリングです。
ウエストマークにシャツを使えばカジュアルに、カーディガンを使えばシックになります。

カーディガンの着こなしアレンジ、いかがでしたか。
「カーディガンは着るもの」というのは単なる思い込み!
「着ることもできるファッション小物」だととらえれば、あなたのワードローブもさらに広がっていくことでしょう。

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。