パーカー着まわし術! 1枚あれば様々なスタイルが楽しめます♪

日焼けが気になる夏や、朝晩冷え込む春や秋、パーカーはシワにならずに持ち運べるので便利ですよね。季節問わず、着用できるヘビロテアイテムです。
一方、パーカーはスポーティすぎたり、カジュアルすぎたりする印象が強く、取り入れることを躊躇している方も、少なくないはずです。
今回は、パーカーを様々なスタイルにコーディネートする着まわし術をご紹介します♪

パーカー+可愛らしいミニ丈ワンピ 

 
チュールのかわいい雰囲気のワンピースにも、パーカーは意外とマッチします。この場合は柄のパーカーより、無地でコンパクトなものをチョイス。少し大人っぽい雰囲気も入れてバランスを取るのがおすすめです!

パーカー+落ち着いたカラーのミモレ丈スカート

少しシックで落ち着いた印象を与えやすいカラーやシルエットにも、合わせてみると案外マッチします。パーカーの印象から程遠いビジューのアクセサリーと合わせて、とことんはずしてみるのもいいですね。この場合、足元はパンプスでもいいですが、ソックス×サンダルなどでも相性は抜群です!

パーカー+クールなモノクロコーデ

 
クールな仕上がりのモノクロコーデ。パーカーはアウターの下に重ね着することで、イメージを崩すことなくモノクロスタイルを楽しめますね。パーカーを取り入れた場合は、ニット帽やキャップなど少しカジュアルなアイテムを合わせることで、バランスの取れたコーディネートになります。

パーカー+タイトなトレンチコート

 
タイトなトレンチコートにスキニーを合わせた全体的にコンパクトなコーディネート。フードでボリュームをつけることでバランスが取れます。パーカーはレイヤーで着ることでコーディネートをカジュアルにしすぎることなく、うまく仕上がります!
もともとは軍服だったトレンチコートも、きれいめコーディネートには欠かせないアイテムになりましたね。

シンプルなボーダーパーカー

無地でシンプルなパーカーが無難に着用しやすいのと同様、細幅のボーダーもシンプルで着合わせやすい柄です。
シンプルなワントーンコーディネートには、無地よりもボーダーなどのほうがマッチしやすいでしょう。1枚持っていると重宝すること間違いなしです! 

ライター:あっぱ

The following two tabs change content below.

あっぱ

服飾専門学校を卒業し、デザイナーアシスタントを経験。現在は古着屋スタッフをしながら、オリジナルリメイク商品を企画、製作を行い、クリエイターとして活動中。