トレンドはまずは小物から。秋色クラッチバッグのススメ♪

バッグには実用的な面もありますが、アクセサリーを兼ねて持っているという方も多いと思います。最近はクラッチバッグなどのミニバッグがトレンドで、ますますその傾向が強くなっていますよね。
そしてトレンドのカラーは、まずは小物から取り入れるのが定石です。

今回は秋色のクラッチバッグをご紹介します。いつものコーディネートをクラッチバッグで旬顔にアップデートしましょう♡

キャメルのクラッチバッグは夏から秋へのコーデへの橋渡しに

キャメルカラーのクラッチバッグにバーガンディのショーパンを合わせて、他はモノトーンで統一。まさに秋コーデのお手本と言えるスタイルです。ショーパンとサンダルという残暑に対応できる涼やかさの反面、秋色とトレンドのハイネックが季節への橋渡しをしてくれます。

キャメルのクラッチは秋スタイルの大切な要素。秋色の中でも合わせやすさはピカイチです。

カジュアルからシックまでおまかせなパープルのクラッチバッグ

トレンドからはややはずれるものの、秋にぴったりのパープルのクラッチバッグです。

渋目のカラーなので合わせる服装はシックにするか、逆に思いっきりガーリーにまとめしょう。モデルさんはフリルのトップスでフェミニンにまとめていますね。
カジュアルシーンのみならず、ちょっとしたお呼ばれにもピッタリなのがパープルです。

バーガンディは変わり種のデザインを選んで、アースカラーコーデの差し色に

バーガンディも外せない秋色です。ただしシックにはなりすぎて、カジュアルなスタイルには合わせづらい側面も。
これを解消するには、スナップのクラッチバッグのような少々変わり種の模様のものをチョイスしてみましょう。遊び心満載で、アースカラーの全身コーディネートのアクセントになります。
肩かけのシャツから二の腕が覗いているのも、少しセクシーでいい雰囲気です。アースカラーだといやらしくなりにくいのも◎

いかがでしたか。

普段の通勤では荷物が多いという方も、秋の休日はクラッチバッグでさっそうと身軽に、おしゃれにおでかけしてみてはいかがでしょうか。

ライター:みずしま

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。