着回し力バツグンの “ブラックスキニー” は秋のマストハブ! 最旬トレンドコーデ術5選

いよいよ秋も本番。ずっと着たかったニットやジャケットなど、秋アイテムの出番がやってきましたね♪
毎年変わるトレンドに合わせて最旬アイテムでコーディネートするのも素敵ですが、流行に関係なく長く愛用できるアイテムもしっかりゲットしておきたいところ。そんな定番アイテムをさまざまなテイストに着回すのも、オシャレの楽しさのひとつ。
そこでおすすめなマストハブボトムが“ブラックスキニー”です。
トップスと違い気温にあまり左右されないボトム。特にスキニーは今やパンツのラインナップに欠かせない存在です。中でもブラックはどんなカラーとも相性がよく、モード、コンサバ、カジュアルといろいろなイメージに着回せる、まさに最強の定番アイテム!
秋らしいカラーや素材と組み合わせれば、一気に季節感のあるコーディネートに仕上がります。
今回は、そんなブラックスキニーを今年らしい最旬スタイルに着こなしたお手本コーディネートを、5つご紹介します。

秋の定番ゆったりニットを合わせた、女性らしいモノトーンスタイル♪


ブラックスキニーにホワイトのゆるニットを合わせた、モノトーンスタイル♪
女性らしいホワイトのニットが、ブラックスキニーのクールなイメージを和らげてくれますよ。
シンプルなコーディネートに、トレンドのフェルトハットを合わせてワンランク上の旬顔スタイルに格上げ!
レースアップのショートブーツで、少しだけロックなスパイスを効かせているのも◎
シンプルなモノトーンスタイルを小物でアップデートした、今すぐマネしたくなるお手本コーディネートです。

Gジャンの腰巻きで変化をつけるのも◎ 爽やかな大人カジュアルスタイル♪

ギンガムチェックのシャツを合わせてGジャンを腰巻きにした、大人カジュアルスタイル。
引き締め効果のあるブラックでも、やっぱり気になる太ももやお尻まわり。Gジャンを腰巻きすれば、オシャレにカバーすることができますよ。ジャケットやカーディガンも腰巻きに最適のアイテムで、シャツを着たときなど特におすすめ。
ガーリーなイメージのギンガムチェックも色を抑えたコーディネートにすることで、大人っぽく仕上がります。
袖と裾のロールアップなど“抜け感”のある着こなしも、ぜひマネしたいです。

ひとクセあるオシャレアイテムとも好相性◎ トレンド感のあるレトロマニッシュスタイル♪

網目がレトロなグリーンのニットベストにふんわりとしたシャツをレイヤードした、マニッシュスタイル。
トレンドのフリンジバッグが良いアクセントになっていますね。
またポインテッドトゥのショートブーツがコーディネートにエッジを効かせています。
シンプルなブラックスキニーだからこそ、ひとクセあるオシャレアイテムを組み合わせてもすっきりとした印象にまとまります。
シューズとつながりを出して足長効果を演出しているのも、見逃せないテクニックです。

シンプルコーデは“こなれ感”を出すのがポイント! ヴィンテージ感たっぷりのミリタリースタイル♪

無地の白Tシャツに古着のようなテイストが魅力のミリタリージャケットを肩掛けした、シンプルスタイル。
履きつぶしたようなヴィンテージ感のあるレザーブーツもポイントになっていますね。
ブラックスキニーはデニムのように色落ちがないので、清潔感をプラスできます。
ジャケットを肩掛けしたり少しダメージの入ったパンツをチョイスしたりと、“こなれ感”を出しているのが◎
シンプルなコーディネートをワンランク上のオシャレに魅せる着こなし術は、ぜひ参考にしたいです。

アースカラーを合わせてナチュラルに◎ ベーシックだけど今年らしいきれいめスタイル♪

ベージュのニットベストに白シャツをレイヤードした、きれいめスタイル。
ベーシックなスタイリングも、トレンドのニットベストやフェルトハットを合わせれば今年らしい印象に仕上がります。
マニッシュなオックスフォードで、プレッピーなテイストをMIXしているのも◎
ボルドーのミニハンドバッグが女性らしさをプラスしていますね。
ブラックスキニーだからこそ引き立つ差し色コーディネートは、ぜひ取り入れたいスタイリングです。

The following two tabs change content below.

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。