ハンサムハットの代表格! 中折れハットがなきゃ始まらない

メンズライクなアイテムを使ったハンサムコーデが街を席捲していると感じませんか? 今季はマニッシュなシューズやシンプルなシャツなど、ハンサムアイテムが人気を集めていますが、その代表格がフェルトの中折れハットです。
女優帽のようにツバ広なものも出ているので、マニッシュすぎる雰囲気が苦手という人にもチャレンジしやすいはず。まずは、シンプルなコーディネートにプラスしてみましょう。

アラフォーにも真似しやすい、きれいめマニッシュスタイルの仕上げ

オフィススタイルにも相性のいい、きれいめマニッシュスタイル。ニットベストやワイドパンツなど、トレンドを押さえたコーディネートながら、ベーシックな色合いをチョイスしたことで、アラサーからアラフォーの大人世代にも真似しやすいスタイルです。
それだけにキッチリしすぎるイメージも。中折れハットをプラスしたことで、ちょっとした遊びが生まれ、おしゃれ偏差値の高いスタイルに仕上がっています。 

見慣れたワンピースも簡単にイメージチェンジ。ハンサムなのに女っぽさは倍増

ワンピースはどうしてもコーディネートの幅が狭まりがちですが、中折れハットをトッピングすることで、途端にイメージが変わります。ハンサムに変身したはずなのに、なぜか女っぽい部分に目線が行ってしまうのも中折れハットの魔法。
スナップでは、あえてのスニーカーでクールなコーディネートにヌケ感を生み出しています。 
 

トレンドのキャメル・ベージュは、同系色のアイテム投入で失敗しない

今季人気のキャメルやベージュの中折れハット。ベーシックな色なら、意外とどんな色にも合わせやすいのですが、同系色のアイテムをコーディネートすることで、失敗なくまとまります。
キャメルやベージュはフェミニンな柔らかさを感じさせるので、 黒やグレーよりも優しい印象に。髪色が暗めな人は、まとめるヘアスタイルにアレンジすると、ハットが浮いた感じに見えません。

今から買うなら、メンズライクなツバ狭めタイプが本命

パーカーのようにスポーティなアイテムと合わせるなら、よりハンサム度の高いツバ狭めタイプをチョイスするのが正解。実は今から買うなら、一番出番が多いと予想できるのがツバ狭めタイプです。
スナップでは、中折れハットと大きめの丸時計というメンズライクな小物をチョイスしつつ、開けたシャツの襟と差し色パンプスで、バランスのいい女性っぽさが漂っています。

The following two tabs change content below.

mika

ファッション誌の編集を経て、フリーのライターとして独立。 結婚後はアンティーク着物などに興味を持ち、着付け講師の免状を取得。 ファッションも生活雑貨も触れてトキメクものに惹かれます。