薄着のシーズン到来! スタイルアップコーデの大本命は “腰巻スタイル” !

そろそろ寒暖差が激しくなってきますね。
そんな時に悩むのが脱いだはおりものの扱いではないでしょうか。
昨年までは断然プロデューサー巻きでしたが、今年は腰巻へシフト。
腰巻コーデのコツをご紹介いたします!

今年の鉄板アイテム、チェックシャツは腰巻にぴったり♪

今年の春夏注目アイテム、チェックシャツは腰巻コーデにもぴったりです!
一番嬉しいのはシワが気にならないこと。
腰に巻くためにはどうしてもぎゅっと結ばなければならないので、どうしても腰巻アイテムにシワがついてしまいます。
気候的にも着たり、脱いだり、といった動作が必要になるので、いざ着ようとした時に、シワが目立つのは嫌ですよね。
シワのつきづらい素材や目立たない生地がオススメです。

まだまだ活躍が期待出来る “Gジャン” ! 

今年のトレンドで注目されているアイテムの一つにGジャンがありますね。
Gジャンは硬い素材のものの印象が強いですが、硬そうに見えてストレッチの効いた生地のものも出てきています。
スナップのように腰巻をするなら断然ストレッチの効いたタイプがオススメです!
ストレッチの効いた弾力性や伸縮性のある素材は、シワを伸ばし、シワ自体がつきづらいなどの特性があります。
正にこれからの腰巻スタイルシーズンにぴったりと言えます♪

定番のパーカーは結び目に注意!

腰巻スタイルと言えばパーカー、という方も多いのではないでしょうか。
みんながしている腰巻だからこそ、ショップに飾ってあるように綺麗に腰巻したいですよね!
ポイントは結び目を “かた結び” にすること。
ついつい一度だけクロスさせて終わりにしがちですがスナップのような綺麗な結び目で差をつけましょう♡

ニットだって今年は腰巻にしちゃいましょう♪

春の初めに流行したマルチボーダーなどの柄物ニットもこれからは腰巻して挿し色とし使いましょう♪
カーディガンやニットなどはモノトーンからカラーまで毎年多くの種類がありますよね。
だからこそ全体の差し色にも、色物コーデの引き締めにも着回しできるのが◎
薄手のカーディガンはシャツやGジャン、パーカーに比べてボリュームダウンもできるので全体的にほっそりした印象を作ることができます! 

腰巻はスタイルアップ効果の高いスタイリングでもあります。
ボリュームのあるアイテムであればそのボリュームとの対比で腰回りを華奢に魅せられますし、薄手の生地であればセミフォーマルなスタイリングにもピッタリです!
腰に巻くので気になる下腹部のフォローもできるので、薄着になるこれからのシーズンの便利コーデですね♪

 

The following two tabs change content below.
madoka HighBridge

madoka HighBridge

19歳から24歳まで、ショップ販売員勤務。現在は専門学校にてファッションビジネスを非常勤講師として活動しています。