今年もお世話になります。春夏の定番“Tシャツ”はレイヤードで旬顔コーデに格上げしよう! おすすめスタイル4選♪

春夏に欠かせない定番アイテムと言えば“Tシャツ”! 今年もお世話になる季節がやってきました。
去年までは“ノームコア”がトレンド。「ノーマルとハードコアを組み合わせた造語で、究極の普通、平凡で目立たない服を身につけるという意味」で、極力シンプルに着こなすのがポイントでした。
でも今年は、“重ね着”がコーディネートのカギ! Tシャツにプラスワンアイテム取り入れるレイヤードスタイルがトレンドなんです♪
今回は“Tシャツを旬顔コーデに格上げする、おすすめのレイヤードスタイル”を、4つご紹介します。

ロングカーディガンをレイヤード! ストリートMIXな春色コーディネート♪

Vネックの白Tシャツにロングカーディガンをレイヤードして、ブリーチカラーのデニムショートパンツを合わせた、カジュアルスタイル。
今年もロング丈のアウターは旬なアイテム。ショートパンツの肌見せが気になる方も、おしゃれにカバーできるのが嬉しいですね。
薄手のカーディガンなら、夏の冷房やUV対策にも使えるのでおすすめ。白Tシャツとレイヤードすれば、一気に今年らしいスタイルに仕上がりますよ。
あえて上半身を白でまとめることで、爽やかな印象がアップ!
逆に小物は黒でまとめて辛口な存在感をプラスしているのも、好バランスです。
パステルピンクのニット帽が、ボーイッシュスタイルの女の子らしいアクセントになっていますね。
ガーリッシュになりがちな春色スタイルをストリートMIXに仕上げた、お手本コーディネートです。

マキシ丈のデニムシャツワンピースをレイヤード! 洗練された大人カジュアルスタイル♪

ロゴ入りの白Tシャツにマキシ丈のデニムシャツワンピースをレイヤードして、白のタイトスカートを合せた、大人カジュアルスタイル。
カジュアルなロゴTシャツは、オールホワイトにまとめれば洗練された大人のイメージに着こなせますよ。
でも、「汚れるのが気になる」 「着太りしてしまうのでは?」と、オールホワイトコーデを不安に感じる方も多いはず。
そこでおすすめなのが、デニムシャツをレイヤードするスタイルなんです! インディゴブルーの爽やかさと、シャツがつくる着やせ効果が同時に得られる、おすすめの着こなし♪ スナップのようにシャツワンピースを取り入れても◎ 旬なロングアウターがつくる縦長のIラインで、スタイルアップ効果もさらにアップ!
かご素材のクラッチバッグで、季節感を盛り上げているのも◎
手持ちのアイテムで今すぐにマネできる、おすすめコーディネートです。

トレンチコートをレイヤード! きちんと感をプラスしたワンランク上のスタイリッシュコーディネート♪

グレーのロゴTシャツにトレンチコートを羽織って、フレイドヘムのダメージジーンズを合わせた、スタイリッシュコーディネート。
Tシャツ×ジーンズ×スニーカーの定番カジュアルスタイルも、トレンチコートを羽織るだけで一気にスタイリッシュに格上げできちゃうんです! ラフにそでをまくって“こなれ感”をアップさせているのもポイント◎
今季トレンドのフレイドヘムやダメージ入りのジーンズも、トレンチコートでキリッと着こなせば、ワンランク上のマニッシュスタイルに仕上がって◎
Tシャツの白のロゴとリンクするホワイトのスニーカーで軽やさをプラスすれば、季節感もアップ!
カモフラがポイントのトートバッグもアクセントになった、この春ぜひ参考にしたいTシャツスタイルです。

レースのキャミソールをレイヤード! 今季大注目のトレンドMIXなフェミカジスタイル♪

Vネックの白Tシャツにレースのキャミソールをレイヤードして、黒のテーパードパンツを合わせた、フェミカジスタイル。
今季は、女性らしいフェミニンアイテムをプラスするコーディネートに大注目! 中でもレースは、簡単にフェミニンMIXができるおすすめアイテムなんです。
そのレースをトレンドのキャミソールで取り入れてTシャツとレイヤードすれば、一気に最旬コーディネートがつくれますよ♪
ラグジュアリーなトップスに、あえてボーイライクなテーパードパンツを合わせてカジュアルダウンしているのが好バランス◎
スポーティーなスニーカーで“抜け感”をつくれば、甘口コーデが苦手な方も着こなしやすくなりますよ。
全体をモノトーンにまとめてちょっぴりモードに味つけした、最旬トレンドスタイルです。

< a class="to-cbk" target="_blank" href="https://cubki.jp/stock?keyword=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%9F%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%AB">プチプラのキャミソール一覧

The following two tabs change content below.

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。